血圧が高い人の入浴時間はどれくらいが目安?入浴時間によって血圧は変化するの?

血圧少し高い健常人が、入浴する事は心身ともにリラックスができるので、とても良い方法です。熱い湯船の入浴は避けて半身浴の形でうっすら汗をかくくらいが入浴時間としては理想的です。全身の血管は繋がっていますので半身浴で良いのです。

入浴中の血管は温度により拡張していますので血圧は下がっています。長く入っているからと言って血圧がどんどん下がるという事は無くホメオスターシスといってうまい具合に調和を保ちます。

ただし少し高い健常者であれば着替えをしている時間には少し高い方向へいこうします。入浴で大切なことは リラクゼーション効果なのです。冷えた体を温めることは勿論、日常生活で大切な事です。浴室に入る時に最も気にしなければいけないことは、温度の変化です。当然変化はしますからその温度に徐々に慣れていくという事です。

お風呂の中や上がった時、倒れる方いますがこれが原因です。お湯の中で急激な動きをしてもいけません。入る時間帯は自律神経を念頭に置くとよろしいです。

朝早い時間、起きてすぐはいけません。自律神経の交感神経と副交感神経の入れ変わりがまだ行われていない可能性があるんです。夜は静まっていくので意識しなくてよいです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴

血圧が高い高齢者の方がお風呂に入る時の注意点は?

ヒートショックという言葉があります。

室内の急激な温度差による体への悪影響を言います。
血圧が大きく変動して、失神や脳梗塞や心筋梗塞の原因となることがあります。
家の中で高齢者が死亡する原因の約4分の1を占めています。

入浴事態は血管が広がって血圧を下げるのですが、脱衣所が寒いとそれがストレスとなって血圧が上がります。

47都道府県の消防本部への調査では、2011年に入浴中の心肺停止で救急搬送された65歳以上の高齢者は9360人でした。
1月は8月の11倍もの搬送率です。

普段から血圧が高い人や、糖尿病の人、悪玉コレステロールの高い人、高齢者は特に注意が必要です。

脱衣所の温度が重要な注意点となります。
対策は、脱衣所にヒーターを置いて暖かくしておく、お風呂にお湯をはるときはシャワーを利用する、日没する前にお風呂を済ます、などが推奨されています。

また、お風呂のお湯の温度は38~40度くらいがベターで、それより高い温度はヒートショックのリスクも高くなります。
そして首までお湯に浸かると水圧で体に負担がかかり血圧も高くなりやすいので、心臓の高さより深く浸からない様にすることも、注意点の1つです。

高齢者が入浴している時は、ご家族の方は時々状況を確かめることも注意点にあげられます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人は入浴前後にどんな対策を取ると良い?入浴前後は血圧が変化しやすいのはなぜ?

お風呂は一日の疲れを取ってくれる、リフレッシュ効果のたいへん高いものですが、血圧が高い人はその入浴前後に注意をしなければなりません。

まず、脱衣所がぬくい状態であることが大切です。寒いと血管が収縮し、血圧が上がってしまいます。そして裸になって浴室に入った後も注意が必要です。

いきなり浴槽につかるのではなく、ぬるめのシャワーと足元から順に上へとかけ、まず体を洗って全身をあたためるということです。風呂場に入る前にシャワーを出し、風呂場全体を暖めておくとよいでしょう。

そして、次に浴槽につかるわけですが、ゆっくりと胸元までつかり、あまり深くはつからないほうが良いです。そして長い時間つかるのも血圧上昇の危険があります。本来気持ちのいい入浴タイムですが1つ間違うと急激な上昇、下降の危険性があり、それによって脳や心臓の病気を引き起こすことがあります。

入浴前後に注意を払うことを習慣づければ本来の、とてもよいリラックスタイムにないますから、血圧の高い人は特に気を付けましょう。入浴前後の温度変化と血圧変化に気をつけようということです。一番風呂を避け、脱衣所や風呂場の温度が温く変化した後なら危険性はぐっと減ります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴

血圧が高い人は入浴方法にも気を付けるべき?血圧高めの人にはどんな入浴方法がおすすめ?

血圧が高い人が入浴する場合に、一番気を付けなければいけないこととして、いきなり寒さを感じることで、激しい血圧上昇を引き起こしてしまうことになります。

そのため、激しい血圧の上昇につながってしまうため、脳梗塞や脳出血を引き起こしてしまう可能性があり、それが原因となって死亡してしまうこともあるので、冬などの寒い日には、入浴前に着替えの段階で暖房などで浴室を温めてから着替えをすることがお勧めです。

入浴方法として、気を付けなければいけないことは、いきなり温度の高いお風呂に入ってしまうと、血管が開きます。それを避ける方法は、ぬるめのお風呂に入ることです。適温は37度から40度です。さらに、急激な血圧上昇を避けるために大切です。

また、血圧の高い人は、湯船につかったときでも注意があります。首まで浸かってしまうと、毛細血管にも圧力がかかり、心臓に血液が戻ろうとするので、心臓に負担がかかってしまうため、それを回避するための入浴方法は半身浴をすることがお勧めです。

胸のあたりまでなら心臓への負担もかなり軽減でき、首や肩が冷えないようにするためにタオルを掛けたり、入浴剤を使い、身体への保温効果を高めたりすることがお勧めです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴