血圧が高い理由としてタバコのニコチンは関係あるの?

タバコは、肺や気管だけに影響を与えると思われがちですが、十分血圧を高くする理由になります。タバコにはニコチンという物質が含まれているのを、皆さん一度耳にしたことはあるかと思います。

主にタバコに依存させる原因と考えられていますが、働きはそれだけでなく、血圧が高くなる理由を作っているのです。まず、このニコチンはアドレナリンなどのホルモンを出す副腎を刺激します。

もともと、アドレナリンは血圧を上げるホルモンなので、血管を収縮させる効果があり、収縮して細くなった血管により多く血液を送ろうと心臓が働くので、その結果血圧をさらに上げてしまうことになるのです。タバコを吸うといい気分になったり、興奮したりするのはこの働きによってなのです。

ニコチンをさらに摂取しつづけると、心臓にも負担をかけることになり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの血管が細い理由でおこる疾病になりやすくなってしまうのです。これは、健常者で少し血圧が高い人でも注意しなければいけません。

「少し血圧が高いですね」と言われただけだからと放っておくと、大変なことになりかねません。少しでも高いと言われた方は、今がチャンスだと思って禁煙を少しずつでも始めてニコチンを摂取するのはやめたほうが良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い タバコ

血圧が高い原因に風邪は関係がある?血圧の上昇は一時的なもの?

普段の血圧は高めとなっていても、それが一応正常値と言える範囲でいることである程度の安心がある人でも、風邪をひいたりするとそれが原因で一時的に血圧が高い状態となることがあります。

風邪が治れば血圧も元に戻るようになります。風邪が原因で血圧が高い状態になるのは、体内に入ってきたウイルスに対しての状態があり、体が活動状態の交感神経が優位になることにより高くなります。

また、風邪をひいて咳などがでるようになることもその値を上昇させるようになります。咳が止まらないようになり続くと呼吸も苦しくなってくると、その時にはやはり一時的には上昇しています。

一般的にストレスは血圧を高くさせるということは知られています。風邪をひいて体調がよくないことや、それにより精神的や仕事に対しての責任などからのストレスが加わり、一時的に上昇することはあります。

そして、熱を下げようとしたり、咳を止めようとしたり、鼻の詰まりを解消させようとして何かを飲むことが多いのですが、その中の成分に血管に対しての影響があるものが多いのですがそのことも一時的にでも上昇させる原因となっています。

その値が高い状態は一時的なことになるのでしっかりと、その症状を治すことが大切です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 原因