血圧が高い理由としてタバコのニコチンは関係あるの?

タバコは、肺や気管だけに影響を与えると思われがちですが、十分血圧を高くする理由になります。タバコにはニコチンという物質が含まれているのを、皆さん一度耳にしたことはあるかと思います。

主にタバコに依存させる原因と考えられていますが、働きはそれだけでなく、血圧が高くなる理由を作っているのです。まず、このニコチンはアドレナリンなどのホルモンを出す副腎を刺激します。

もともと、アドレナリンは血圧を上げるホルモンなので、血管を収縮させる効果があり、収縮して細くなった血管により多く血液を送ろうと心臓が働くので、その結果血圧をさらに上げてしまうことになるのです。タバコを吸うといい気分になったり、興奮したりするのはこの働きによってなのです。

ニコチンをさらに摂取しつづけると、心臓にも負担をかけることになり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの血管が細い理由でおこる疾病になりやすくなってしまうのです。これは、健常者で少し血圧が高い人でも注意しなければいけません。

「少し血圧が高いですね」と言われただけだからと放っておくと、大変なことになりかねません。少しでも高いと言われた方は、今がチャンスだと思って禁煙を少しずつでも始めてニコチンを摂取するのはやめたほうが良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い タバコ