血圧が高い時間帯の対処法は?運動や筋トレは血圧が高めの時間帯を避けた方が良い?

血圧は時間帯によって変化します。一般的に朝は高く、日中から夜に向けて低下していき、寝ている間が低くなるという変化を示します。

さらに、ストレスや運動によっても変化し、種類によって上昇したり、下がったりします。下がる方法としては有酸素運動が挙げられます。ジョギングやウォーキングなどの緩やかに身体を動かすものであれば、血管が拡張し下がります。

しかし、筋トレなどは一時的に筋肉が収縮するため血管も収縮し結果、上昇に寄与します。これらを踏まえてそれぞれの時間帯の対処方法を説明していきます。

まず朝ですが、起きてすぐは高いので運動自体を控えたほうが良いです。特に筋トレは絶対しないようにしてください。朝ウォーキングなどをする場合は、起きてすぐは避け、朝食後時間を置き、ウォーミングアップをしっかりしてから行うようにします。

日中は暑い時間帯の屋外での激しい運動は避けるべきですが、特に問題はありません。夜は寝る2時間以上前までなら問題ありません。あまりに寝る直前だと寝付きが悪くなります。

基本的な時間別の対処方法としては血圧の高い時間は筋トレを避けることです。また、血圧の高い時間帯は有酸素運動であっても注意して行うといった対処が必要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

お風呂に入ると血圧は上昇する?血圧が高い人がお風呂に入る時の対策って?

血圧が高い人がお風呂に入った時に上昇するのを防ぐ対策をご説明します。お年寄りが入浴時に倒れる事故は血圧が急激な上昇が原因のことがあります。特に冬の寒い季節に脱衣所とお風呂のお湯の温度差によって、脳卒中になることもあり注意が必要です。

まずこれを防ぐためにできる対策の1つ目は「脱衣所を暖めておくこと」です。これは寒い脱衣所で裸になった時に体温が下がるのを防ぐ目的があります。

2つ目に行いたい対策は「掛け湯をしっかりと行ってから湯船に浸かる」ことです。冷えた体のまま一気に熱い湯船に入ると普段から血圧が高い方はさら上昇する原因となります。これを防ぐために体を徐々に温めて熱い温度に慣らしていくのです。

最後に気をつけたい対策は「ぬるめの湯温設定にすること」です。42度くらいの熱いお湯が好きな方もいらっしゃるでしょうが、理想は37〜40度です。 またぬるい湯温で入浴することによって副交感神経が刺激されて力が抜けていき、肩こりや腰痛を緩和したり筋肉をほぐす効果が期待できます。

その他半身浴で体を慣らしたり長風呂を控えるなど、ちょっとした工夫で血圧の急激な上昇を抑えることができます。
日頃から血圧が高い方は入浴時の温度差に気を付ける事で急激な上昇を防ぐことが可能になります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人が血圧を下げる方法として睡眠をとることは重要?

現代人の多くは自分の健康について強い関心を持っています。毎年行われる会社の健康診断でちょっとでも再検査の項目があればすぐに再検査を受けに行くことでしょう。

ただ、本当にそれだけで健康が保てるのでしょうか。毎年の健康診断の傾向から、少しずつ悪化しているのかもしれません。血圧についてはどうでしょうか。血圧が一時的に高いことは健康な人でもありますから、自分の血圧が高いと感じているなら、その時の状況と影響について考えなければなりません。

一般的に低血圧の人は朝起きることが難しいと言いますが、睡眠と関係があることは医学的にも指摘されています。つまり、自分の血圧が高いと思っているならしっかりと睡眠を取ることによって下げることができるのです。

まだ健康な範囲ですので難しい方法を考えなくても大丈夫です。質の高い睡眠が血圧を下げるのに効果的な方法となるのでぜひ心がけてみましょう。具体的にどれくらい下げるといいかは人によって異なります。

人の健康は数字だけで決められることではありません。ただ、睡眠だけは重要なポイントです。日常が楽しくても朝起きた時の気分を思い出してみましょう。今日も頑張ろうと思えるなら、あなたは正しい睡眠方法を実践していると言えるのです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠

血圧が高い場合、ストレッチをすると血圧が下がる理由って?

血圧が高い場合、ストレッチをすると血圧が下がる理由は以下の通りです。まずストレッチをすると筋肉がほぐされます。

筋肉が硬く、こったような状態ですと、その内側の血管も収縮した状態になりやすいです。血管が収縮している、つまり狭い状態だと、その中を通る血流の、血管に対する圧力も高い状態になりやすくなります。ですからストレッチをして血管の収縮状態を緩和すると、血流からの圧力も緩和され血圧が下がると言うのが理由のひとつです。

また適度なストレッチと言うのは、有酸素運動に該当します。有酸素運動は、血圧が下がることに効果が期待できる運動だと言われており、これは酸素を取り込むことで血管が拡張されるためです。

血管が拡張されれば、血流からの圧力も緩和できるため高い状態が改善できると言うためです。以上のような理由でおすすめされるストレッチとしては、まず心臓から遠く離れた足の指をグーパーさせる動きがおすすめです。またふくらはぎには、全身の血流の状態を左右する筋肉が備わっており、第二の心臓と呼ばれる部位です。

ですからこの部分をほぐすような動きも効果的です。やり方としては酸素を取り込むことを意識して、息を止めたり、瞬間的に力を込めるようなことは避けることが大切です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い時や高めの時に禁煙をすると、どれくらいの期間で効果が期待できる?

禁煙をすると身体に様々な良い効果があることが知られていますが、血圧が高い方には下げる効果も期待できます。煙草を吸うと、血管が縮まってしまい血圧が上がってしまいます。

交感神経も興奮してしまうため、血圧が高い方は禁煙をおすすめします。煙草を吸っているときに上がって、吸い終わると下がっていきます。煙草を吸う人は一日に何度もこれを繰り返すため、血管に大きな負荷が掛かってしまいます。血圧が高い方が禁煙をして正常に戻る期間は人によって差がありますが、一日前後で血流と脈拍数が正常になります。

禁煙の期間を3日ほどすると、息をするのが楽になります。一週間の期間で、血液循環が改善されていきます。禁煙は辛いですが、2週間ほど続けると楽になってきます。朝の目覚めや、睡眠の質が高くなってより健康な身体に近づけることができるでしょう。

ストレスも血流に関係してくるため、禁煙中には気を紛らわせることをすると良いです。簡単に出来る、ランニングやウォーキングは健康にも良いため、禁煙中に行うと良いでしょう。煙草以外でも、アルコールが血圧を上げてしまう大きな原因となってしまうので、禁煙と併用して禁酒も行うことで効果をより高めることが出来ます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 期間

血圧が高い場合や高めの場合におすすめの漢方薬にはどのような種類があるの?

血圧が高い場合におすすめの漢方薬の種類には、三黄瀉心湯や大柴胡湯、防風通聖散などがあります。これらの漢方薬は、血液をキレイにして血流を良くしてくれたり、肥満体質を改善してくれたりする効果を持っています。

血流が良くなることで、高い血圧も改善されますから、このように血液をキレイにする効果を持つ漢方薬がおすすめなのです。体力にあまり自信のない方におすすめの血圧を下げる効果のある漢方薬の種類は、八味地黄丸や七物降下湯などもあります。

これらも血圧を下げる効果を持っていますが、前述のものと比べるともう少し効き目が優しい種類となっています。とは言え、漢方薬は全体的に効き目が穏やかなものが多いので、体質が改善されるまでは、一定期間服用を続けるのが一般的です。

しかし、一旦体質が改善されると、血圧だけではなくその他の不調も合わせて改善されていきますので、身体全体が健康になっていくのが利点です。身体が健康になると、お肌や髪の毛のツヤなども良くなり、太りにくくなりますので、美容効果も高いことでしょう。

漢方には本当に沢山の種類がありますので、ご自身に合ったものを選ぶことが大事ですし、毎日続けていくことも大切です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い時は、血圧を下げるために、お酒やタバコは控えるべき?

血圧が高い時、それを下げるためにお酒やタバコを控えるべきかどうか、またそれらがどのような影響を及ぼすかについてですが、血圧が高い時、そしてそれを下げることを意識するのであれば、お酒やタバコは控えるべきだと言えます。

そのままお酒もタバコも好き放題と言う状況では、血圧の状態がますます芳しくない方向に進んでしまう可能性も高くなってしまいます。ではどうしてそのようなことが言えるのかと言うと、これはお酒やタバコが血管や血圧に対して良くない影響をもたらすためです。

まずお酒ですが、この中に含まれているアルコールには時間の経過と共に血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すれば、その中を流れる血液が血管に対して与える圧力も大きくなりやすくなるため、下げるためには逆効果になってしまうと言う具合です。

次にタバコですが、この中に含まれているニコチンには血圧を上昇させるホルモンを刺激する作用があります。そのため喫煙を続けていると、そのホルモンが刺激された状態が続き、血管に対する圧力も高い状態が続きやすくなってしまうと言う具合です。更にニコチンには、血管に大きなダメージを与える作用もあり、これも下げるためには良くないことです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い時に効果的なストレッチは?肩甲骨ストレッチは血圧高めの人におすすめ?

肩甲骨ストレッチは血流が改善するため、血圧を下げる効果を期待することができ、このほかにも血圧が高い時に効果を発揮するストレッチにはいろいろな種類があります。

まず肩甲骨ストレッチですが、肩甲骨の周辺をほぐすことで、周囲の筋肉の血流が改善されます。血流の改善は毛細血管の拡張を促すため、必然的に血圧の低下を促進します。また、猫背を改善し体のバランスを整えることから腰痛の改善にも効果があるなど、健康維持にも役立ちます。

血圧の高い時に効果を発揮するものとして、最も簡単にできるのが足の指ストレッチです。足の指を思い切り縮め、ジャンケンのグーを作った状態で数秒止め、その後は指を全て開いてジャンケンのパーを作った状態とし、やはり数秒程度止めます。この動作を20セットほど繰り返し行います。

足の指は心臓から一番離れている箇所ですが、足の指先の血流が良くなると同時に心臓からの血流が増えるため、全身の血流も改善されることに繋がります。

これらの運動はウォーキングやジョギングに比べてはるかに負担が軽いため、血圧がやや高いことに不安を感じている人でも問題ありません。しかも、どんな場所でもすぐに実施できるというメリットもあります。同じように、手の指のストレッチも有効です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと血圧高めの症状に効果的?

血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと効果は上がる可能性が高くなるといえるでしょう。

ストレッチによって筋肉の緊張がほぐれて血行が良くなるとともに、呼吸法によって効率的に酸素を取り込むことが出来るようになるので、細胞に酸素が十分に遅れるようになり、細胞が健康になるからです。細胞が健康になれば、血管の柔軟性も良くなるので、血圧は下がりやすくなるということになるのです。

ストレッチについては、わかりやすいものでいえば、ラジオ体操をゆっくりとするというとわかりやすいでしょう。特に複雑な運動をストレッチをする必要はありません。呼吸法は腹式呼吸を意識するようにするといいでしょう。こうすると多くの酸素を取り込めるようになるからです。

血圧が高いのを下げる目的で行うストレッチや呼吸法は続けることが大切です。一日だけとか三日坊主では、血圧は高いままでしょう。習慣づけていくことで効果が見られるようになるものですから、続けることが最も大切です。

一日休んだからどうこうなるというものでもありませんが、習慣化して休むと体がムズムズして気持ち悪というぐらいに習慣化出来たら、その頃に効果が見えてくる可能性があると考えるといいでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い場合、運動をする時間や量によっても血圧の上昇に影響はある?

血圧の高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満くらいの人は、お医者さんによっては治療が必要と言われて、処方箋の厄介になるのは避けたいという気持ちになるところですが、そうであれば高い血圧を低くするために適度な運動を行うことが血圧に良い影響を与えるので、処方箋を出される前に実行し、習慣化することをおすすめします。

運動の仕方ですが、時間と量には気を付けなければならないことがあります。
激しい運動の場合は、瞬間的に血圧が上昇し、身体に悪い影響を与えることもあります。長い時間や多くの量の運動についても同じことが言えます。

そこへ行くと、無難であり、長続きし、急激な上昇などにもならないということで、少し速足のウォーキングが一番です。時間にこだわらないで、一日8千歩から1万歩くらいを目安にするくらいの量がいいと言えます。血流を良くするのに効果的です。

また、高い人は、お腹が出てきたりしてメタボ傾向になっていがちですが、ウォーキングで体重も落とすことができるので、その点でも効果があるというわけです。

時間を意識しないで、出来るだけ歩く、たとえばエレベーターやエスカレータを使わないで、階段を使うとか、歩き足りないときは、一つ前の駅で下車し歩いて帰宅するとかでも、血圧の上昇セーブには役立ちます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動