血圧が高い時に飲む漢方薬は市販で薬局やドラッグストアでも買える?

血圧が高い時に飲む市販の漢方薬はあります。漢方薬は比較的安全なため、薬局やドラッグストアで買うことができます。血圧が高い原因はいろいろとあり、それによって、症状が異なります。血圧が高くなることによって起こる症状としては頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、目の充血、イライラ感、のぼせ症状など様々で、それらの症状に効果的な市販の漢方薬を選ばなければいけません。

漢方薬にはいろいろなものがありますが、大柴胡湯(だいさいことう)は頭痛やめまいを和らげる効果があります。
そして釣藤散(ちょうとうさん)は脳の血管を広げることで血圧を下げます。これはめまいや耳鳴りの症状がある人に適しています。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)という漢方は動悸や精神的不安の解消の効果があります。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は目の充血、イライラ感を和らげる効果があり、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)はのぼせ症状による熱を冷やす効果があります。

このように症状によってさまざまな漢方薬がありますので、あなたに合った漢方薬を選ぶようにしましょう。

大柴胡湯、釣藤散、柴胡加竜骨牡蛎湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯は血圧が高い時に飲む市販の漢方薬として薬局やドラッグストアで買うことができます。自分の症状に適したものを選ぶのが難しいようであれば、薬局やドラッグストアで相談するのが良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬