血圧が高い症状や高めの症状の場合に飲む漢方薬には副作用はある?

血圧が高い時に飲むのに良い物として漢方薬がありますが、副作用はどうなのか気になるかと思います。

血圧が高い時に飲む漢方薬には、黄連解毒湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、釣藤散、防風通聖散、桃核承気湯、大柴胡湯などがあり、漢方薬は、西洋と異なり、血圧の数値をいきなり下げることはできません。即効性はなく、ゆっくりと体質を改善し、高い状態から低い状態へと導くためと、血圧が高いことに伴う様々な症状を和らげる働きがあります。そのため、しばらくは飲み続ける必要があります。

さらに、これらの漢方薬には副作用が起こることもあり、黄連解毒湯は、めまいや動悸、更年期障害、イライラするといった症状を改善へと導きますが、中程度に体力がないと服用することは難しいです。間質性肺炎や腸間膜整脈硬化症、肝機能障害などを起こすこともあります。

柴胡加竜骨牡蠣湯は、不安や不眠などの時に飲むことが多く、子供の夜泣き対策にも飲むことがあります。ですが、体力は中程度ほど必要で、黄連解毒湯と同じように、肝機能障害や間質性肺炎といった副作用が起こる可能性もあります。

この他、桃核承気湯や大柴胡湯は、便秘を解消するためにも用いられるので、他の下剤を飲むことはできません。発疹や赤身といった皮膚症状や、ふくつうなどの消化器系に症状が出ることがあります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬