血圧が高い場合健康診断前の喫煙は検査結果に影響する?何時間禁煙すれば大丈夫?

血圧が高い場合、健康診断前の喫煙は、検査結果に影響が出る場合があります。というのも、タバコに含まれるニコチンには、血圧を上げる交感神経を刺激する作用がありますし、喫煙の際に出る一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、心臓や血管に負担をかけてしまいます。

タバコを1本吸うごとに、だいたい血圧が10~20㎜Hgほど上昇し、それが15分程度続くと言われていますので、健康診断前に喫煙をする時には、検査結果で高い血圧にならないように、吸うタバコの本数と時間を考慮する必要があるでしょう。健康診断の時間帯にもよりますが、その日はなるべく喫煙をしない方が良いかもしれません。

しかし、高い血圧というのは、様々な身体の不調の原因となるものですので、健康診断の検査結果のためだけではなく、普段からそのような状態にならないように気をつけていくことが大事なのかもしれません。

タバコを沢山吸うほど、そのような状態が長く続くのだということを念頭に置いて、あまりタバコは吸いすぎないように気をつけた方が良いでしょう。出来ることならば、長期間禁煙してみるというのも良いかもしれません。また、血液をキレイにしてくれるような食品を摂ることも有効です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 喫煙