血圧が高い場合、運動をする時間や量によっても血圧の上昇に影響はある?

血圧の高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満くらいの人は、お医者さんによっては治療が必要と言われて、処方箋の厄介になるのは避けたいという気持ちになるところですが、そうであれば高い血圧を低くするために適度な運動を行うことが血圧に良い影響を与えるので、処方箋を出される前に実行し、習慣化することをおすすめします。

運動の仕方ですが、時間と量には気を付けなければならないことがあります。
激しい運動の場合は、瞬間的に血圧が上昇し、身体に悪い影響を与えることもあります。長い時間や多くの量の運動についても同じことが言えます。

そこへ行くと、無難であり、長続きし、急激な上昇などにもならないということで、少し速足のウォーキングが一番です。時間にこだわらないで、一日8千歩から1万歩くらいを目安にするくらいの量がいいと言えます。血流を良くするのに効果的です。

また、高い人は、お腹が出てきたりしてメタボ傾向になっていがちですが、ウォーキングで体重も落とすことができるので、その点でも効果があるというわけです。

時間を意識しないで、出来るだけ歩く、たとえばエレベーターやエスカレータを使わないで、階段を使うとか、歩き足りないときは、一つ前の駅で下車し歩いて帰宅するとかでも、血圧の上昇セーブには役立ちます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動