血圧が高い人が、朝入浴するのは控えるべき?

みなさん、寒い季節の朝に身体を温めるためにお風呂に入ったり、暑い季節ならシャワーを浴びて寝汗のかいた身体をスッキリさせてから、仕事や家事などをスタートさせるとその日一日が気分よく過ごせますよね。

しかし、朝に入浴することは心臓や血管などの循環器系への負担が大きくなるため、注意が必要です。特に血圧の高い人は注意が必要です。そのような人は心臓や血管などへの負担を考えて、朝の入浴を避けるべきです。

それは、朝に入浴することで血圧の変動が大きくなるからです。血圧は起床時に一番低下しており、その状態で入浴するとシャワーや浴室の温度により体温が上昇し血管が広がり、さらに血圧が下がります。

そうすると高い状態から急激に下がることとなるため、血液を心臓から送り出す際に血圧がいつもの高い状態を保とうと心臓が努力することで心臓の負担が増大します。また、血管の壁の負担の量の変動も大きくなるため、そちらにも負担は大きくなります。

それを繰り返すことで心臓の疲労が蓄積されて、心不全などのリスクが増大するとされています。そのため、朝の入浴は控える必要があります。また、どうしても入らなければならない際は注意しながらお風呂に入るようにすると良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴