血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと血圧高めの症状に効果的?

血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと効果は上がる可能性が高くなるといえるでしょう。

ストレッチによって筋肉の緊張がほぐれて血行が良くなるとともに、呼吸法によって効率的に酸素を取り込むことが出来るようになるので、細胞に酸素が十分に遅れるようになり、細胞が健康になるからです。細胞が健康になれば、血管の柔軟性も良くなるので、血圧は下がりやすくなるということになるのです。

ストレッチについては、わかりやすいものでいえば、ラジオ体操をゆっくりとするというとわかりやすいでしょう。特に複雑な運動をストレッチをする必要はありません。呼吸法は腹式呼吸を意識するようにするといいでしょう。こうすると多くの酸素を取り込めるようになるからです。

血圧が高いのを下げる目的で行うストレッチや呼吸法は続けることが大切です。一日だけとか三日坊主では、血圧は高いままでしょう。習慣づけていくことで効果が見られるようになるものですから、続けることが最も大切です。

一日休んだからどうこうなるというものでもありませんが、習慣化して休むと体がムズムズして気持ち悪というぐらいに習慣化出来たら、その頃に効果が見えてくる可能性があると考えるといいでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ