血圧が高い時に効果的なストレッチは?肩甲骨ストレッチは血圧高めの人におすすめ?

肩甲骨ストレッチは血流が改善するため、血圧を下げる効果を期待することができ、このほかにも血圧が高い時に効果を発揮するストレッチにはいろいろな種類があります。

まず肩甲骨ストレッチですが、肩甲骨の周辺をほぐすことで、周囲の筋肉の血流が改善されます。血流の改善は毛細血管の拡張を促すため、必然的に血圧の低下を促進します。また、猫背を改善し体のバランスを整えることから腰痛の改善にも効果があるなど、健康維持にも役立ちます。

血圧の高い時に効果を発揮するものとして、最も簡単にできるのが足の指ストレッチです。足の指を思い切り縮め、ジャンケンのグーを作った状態で数秒止め、その後は指を全て開いてジャンケンのパーを作った状態とし、やはり数秒程度止めます。この動作を20セットほど繰り返し行います。

足の指は心臓から一番離れている箇所ですが、足の指先の血流が良くなると同時に心臓からの血流が増えるため、全身の血流も改善されることに繋がります。

これらの運動はウォーキングやジョギングに比べてはるかに負担が軽いため、血圧がやや高いことに不安を感じている人でも問題ありません。しかも、どんな場所でもすぐに実施できるというメリットもあります。同じように、手の指のストレッチも有効です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ