お風呂に入ると血圧は上昇する?血圧が高い人がお風呂に入る時の対策って?

血圧が高い人がお風呂に入った時に上昇するのを防ぐ対策をご説明します。お年寄りが入浴時に倒れる事故は血圧が急激な上昇が原因のことがあります。特に冬の寒い季節に脱衣所とお風呂のお湯の温度差によって、脳卒中になることもあり注意が必要です。

まずこれを防ぐためにできる対策の1つ目は「脱衣所を暖めておくこと」です。これは寒い脱衣所で裸になった時に体温が下がるのを防ぐ目的があります。

2つ目に行いたい対策は「掛け湯をしっかりと行ってから湯船に浸かる」ことです。冷えた体のまま一気に熱い湯船に入ると普段から血圧が高い方はさら上昇する原因となります。これを防ぐために体を徐々に温めて熱い温度に慣らしていくのです。

最後に気をつけたい対策は「ぬるめの湯温設定にすること」です。42度くらいの熱いお湯が好きな方もいらっしゃるでしょうが、理想は37〜40度です。 またぬるい湯温で入浴することによって副交感神経が刺激されて力が抜けていき、肩こりや腰痛を緩和したり筋肉をほぐす効果が期待できます。

その他半身浴で体を慣らしたり長風呂を控えるなど、ちょっとした工夫で血圧の急激な上昇を抑えることができます。
日頃から血圧が高い方は入浴時の温度差に気を付ける事で急激な上昇を防ぐことが可能になります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂