血圧が高い時間帯の対処法は?運動や筋トレは血圧が高めの時間帯を避けた方が良い?

血圧は時間帯によって変化します。一般的に朝は高く、日中から夜に向けて低下していき、寝ている間が低くなるという変化を示します。

さらに、ストレスや運動によっても変化し、種類によって上昇したり、下がったりします。下がる方法としては有酸素運動が挙げられます。ジョギングやウォーキングなどの緩やかに身体を動かすものであれば、血管が拡張し下がります。

しかし、筋トレなどは一時的に筋肉が収縮するため血管も収縮し結果、上昇に寄与します。これらを踏まえてそれぞれの時間帯の対処方法を説明していきます。

まず朝ですが、起きてすぐは高いので運動自体を控えたほうが良いです。特に筋トレは絶対しないようにしてください。朝ウォーキングなどをする場合は、起きてすぐは避け、朝食後時間を置き、ウォーミングアップをしっかりしてから行うようにします。

日中は暑い時間帯の屋外での激しい運動は避けるべきですが、特に問題はありません。夜は寝る2時間以上前までなら問題ありません。あまりに寝る直前だと寝付きが悪くなります。

基本的な時間別の対処方法としては血圧の高い時間は筋トレを避けることです。また、血圧の高い時間帯は有酸素運動であっても注意して行うといった対処が必要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯