血圧が高い人がお風呂に入る時、お風呂の温度は何度くらいが適温?

お風呂に入ると体が温まり血管が広がって血圧が下がると思っていましたが、気を付けないといけない点があります。その注意点とは「42度くらいの熱いお湯の急激な刺激は体に高い負担がかかる」です。

高い温度のお湯に入るのは気持ちがいいのですが熱さの刺激で血圧が急に上がり、そしてすぐに下がる血圧の急激な変化が起こり体に負担がかかります。ぬるいお湯から徐々に温度をあげていくのがいいでしょう。

血圧を上昇させることなくお風呂に入ることのできるお湯の適温があります。
適温は3~40度です。ぬるめのお湯に入ることで副交感神経が刺激されてリラックスすることができ血管が拡張し、血圧を下げることができます。入浴時間の目安はのぼせないように10~15分くらいがちょうどいいです。

高い温度の熱いお湯でさっと入るより、適温のぬるめのお湯でじっくりと体の芯まで温めるほうがいいんですね。

体に負担を与えることなく入浴する方法は入浴する前にかけ湯をしてお湯に体を慣らせておくこと、入浴するときは肩までお湯につからず胸のあたりまでお湯に浸かる心臓に負担のかからない半身浴で入浴することも押さえておきたいポイントです。

急な温度変化に気を付けて楽しいお風呂を満喫したいものですね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂