血圧が高い時の改善策として禁煙は有効ですか?

血圧が高い時の改善策として禁煙は大変有効になります。タバコを吸うと、タバコ中に含まれるニコチンという物質が血管に大きな影響を与えます。

ニコチンというと、タバコに依存させる物質であったり、肺や気管に影響を与える物質というようなイメージがありますが、それだけではなく血圧を高くする物質でもあるのです。

仕組みとしては、ニコチンがアドレナリンなどの血圧を上げるホルモンを出す副腎を刺激し、その結果ホルモンの働きによって血管が収縮し、心臓がより血液を流そうとするのです。

さらに、高い血圧を改善するのに有効な理由として、タバコに含まれる一酸化炭素があります。一酸化炭素は、血中の酸素を運ぶヘモグロビンの働きを低くさせて、体内を酸欠状態にします。その結果心臓や、血管などに負担をかけてしまいます。

また、喫煙することで血中の遊離脂肪酸を増加させてしまうという悪影響もあるのです。血圧が正常の状態で働くならば問題ないのですが、血圧が少し高い方ですと十分危険になります。

これらの理由によって、禁煙は高い血圧を下げるのにとても有効な改善策といえるのです。高いと診断などを受けた方は少しずつでも禁煙をするように心がけると良いですね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 禁煙