血圧が高い人は入浴前後にどんな対策を取ると良い?入浴前後は血圧が変化しやすいのはなぜ?

お風呂は一日の疲れを取ってくれる、リフレッシュ効果のたいへん高いものですが、血圧が高い人はその入浴前後に注意をしなければなりません。

まず、脱衣所がぬくい状態であることが大切です。寒いと血管が収縮し、血圧が上がってしまいます。そして裸になって浴室に入った後も注意が必要です。

いきなり浴槽につかるのではなく、ぬるめのシャワーと足元から順に上へとかけ、まず体を洗って全身をあたためるということです。風呂場に入る前にシャワーを出し、風呂場全体を暖めておくとよいでしょう。

そして、次に浴槽につかるわけですが、ゆっくりと胸元までつかり、あまり深くはつからないほうが良いです。そして長い時間つかるのも血圧上昇の危険があります。本来気持ちのいい入浴タイムですが1つ間違うと急激な上昇、下降の危険性があり、それによって脳や心臓の病気を引き起こすことがあります。

入浴前後に注意を払うことを習慣づければ本来の、とてもよいリラックスタイムにないますから、血圧の高い人は特に気を付けましょう。入浴前後の温度変化と血圧変化に気をつけようということです。一番風呂を避け、脱衣所や風呂場の温度が温く変化した後なら危険性はぐっと減ります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴