血圧が高い場合健康診断前の喫煙は検査結果に影響する?何時間禁煙すれば大丈夫?

血圧が高い場合、健康診断前の喫煙は、検査結果に影響が出る場合があります。というのも、タバコに含まれるニコチンには、血圧を上げる交感神経を刺激する作用がありますし、喫煙の際に出る一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、心臓や血管に負担をかけてしまいます。

タバコを1本吸うごとに、だいたい血圧が10~20㎜Hgほど上昇し、それが15分程度続くと言われていますので、健康診断前に喫煙をする時には、検査結果で高い血圧にならないように、吸うタバコの本数と時間を考慮する必要があるでしょう。健康診断の時間帯にもよりますが、その日はなるべく喫煙をしない方が良いかもしれません。

しかし、高い血圧というのは、様々な身体の不調の原因となるものですので、健康診断の検査結果のためだけではなく、普段からそのような状態にならないように気をつけていくことが大事なのかもしれません。

タバコを沢山吸うほど、そのような状態が長く続くのだということを念頭に置いて、あまりタバコは吸いすぎないように気をつけた方が良いでしょう。出来ることならば、長期間禁煙してみるというのも良いかもしれません。また、血液をキレイにしてくれるような食品を摂ることも有効です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 喫煙

血圧が高い場合や血圧が高めの場合、禁煙をすると血圧に変化はあるの?

まず、血圧とたばこの関係について説明しましょう。たばこを吸うと、たばこに含まれているニコチンが副腎を刺激することで血圧を高い状態にするホルモンが分泌されるだけでなく、交感神経も興奮させるため、血圧が高い状態になる、という仕組みです。

一般的に、たばこ一服で10~20mmHg、上昇し、その状態が15分続くと言われています。1日に吸うたばこの本数が多ければ、この状態が長くなり、動脈硬化の危険性が高まります。

そうした人が禁煙すれば、不必要な値の上昇、高い状態の継続がなくなりますから、血管も次第に健康を取り戻し、当然変化も出てきます。血圧が高いことを気にして、食事などにも気を配っている場合、喫煙によってその効果が阻害される、ということもあるわけですが、禁煙することによってその阻害要因も除かれるわけですから、変化も現れやすくなります。

中には禁煙したことによって、かえって値が上昇したというケースがないわけではありません。それは禁煙したことによってストレスがたまり、そのために食べ過ぎて太ってしまい、それが値上昇という変化につながったというケースです。

しかし、これはあくまで一時的な変化で、いずれたばこを吸わない状態に順応すればストレスもなくなり、本来の効果である血圧低下が現れます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 禁煙

血圧が高い場合に飲む漢方薬の成分って?血圧が高めの場合ストレスの改善にも効く?

血圧が高い場合に飲む漢方薬にはどのような働きをする成分が入っているかは漢方薬の種類によって異なります。血圧が高いと一言にいっても原因が人によって異なるため漢方薬に使われる素材も変わってくるのです。血圧が高い人に使われる漢方薬は釣藤散・黄連解毒湯・柴胡加竜骨牡蛎湯など様々あります。

釣藤散は慢性頭痛や肩こりの改善も期待できるものですが、食欲不振などの副作用がでることもあるので胃腸が弱い方には向いていません。皮下脂肪が多いタイプの方には防風通聖散や大柴胡湯が利用されます。肥満が原因で血圧が高い場合に使われる漢方で便秘やむくみを改善する成分が入っていますが、大柴胡湯は虚弱体質の方には向いていないので注意が必要です。

黄連解毒湯は血圧対策だけではなく、ストレスや心配事が続くと自律神経のコントロールが難しくなってしまう気滞というタイプの症状の方に処方される漢方で、つかえるような胸苦しさがあったり月経前症候群がある方によく利用されます。

気の巡りが悪いことでおきるストレスやイライラを緩和させる成分が入っている漢方でもあるので、ストレス改善効果があると言えますが体質によっては別の漢方薬が良い場合もありますので自己判断せず医師に相談してから利用するようにしましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い漢方薬

血圧が高い症状や高めの症状の場合に飲む漢方薬には副作用はある?

血圧が高い時に飲むのに良い物として漢方薬がありますが、副作用はどうなのか気になるかと思います。

血圧が高い時に飲む漢方薬には、黄連解毒湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、釣藤散、防風通聖散、桃核承気湯、大柴胡湯などがあり、漢方薬は、西洋と異なり、血圧の数値をいきなり下げることはできません。即効性はなく、ゆっくりと体質を改善し、高い状態から低い状態へと導くためと、血圧が高いことに伴う様々な症状を和らげる働きがあります。そのため、しばらくは飲み続ける必要があります。

さらに、これらの漢方薬には副作用が起こることもあり、黄連解毒湯は、めまいや動悸、更年期障害、イライラするといった症状を改善へと導きますが、中程度に体力がないと服用することは難しいです。間質性肺炎や腸間膜整脈硬化症、肝機能障害などを起こすこともあります。

柴胡加竜骨牡蠣湯は、不安や不眠などの時に飲むことが多く、子供の夜泣き対策にも飲むことがあります。ですが、体力は中程度ほど必要で、黄連解毒湯と同じように、肝機能障害や間質性肺炎といった副作用が起こる可能性もあります。

この他、桃核承気湯や大柴胡湯は、便秘を解消するためにも用いられるので、他の下剤を飲むことはできません。発疹や赤身といった皮膚症状や、ふくつうなどの消化器系に症状が出ることがあります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い更年期の人や高めの更年期の人向けの漢方薬はありますか?

血圧が高い更年期の方の場合、漢方薬が効くかどうか考えますが、更年期は人によって症状が異なり、女性ホルモンが減少することにより自律神経が乱れ起こります。

また、血圧も高い状態になることが多く、頭痛や動悸、めまい、吐き気などが起こることがあります。また、不眠やイライラといった精神面での症状もあり、交感神経が高い状態のままのことがあるため、血圧も高めになります。

漢方薬は体の内側から改善していくので、血圧をすぐに下げることはできません。ですが、不眠やイライラを和らげたり、めまいなどを軽減に導いたりすることができます。

血圧が高めの時に服用すると良い漢方薬には、大柴胡湯、防風通聖散、桃核承気湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、黄連解毒湯、釣藤散などがあります。大柴胡湯と防風通聖散は、便秘がちで体力がある人に向いています。肩こりやのぼせ、むくみなどを軽減していきます。

柴胡加竜骨牡蠣湯と黄連解毒湯は、動悸、不安、不眠、イライラなどを改善に導き、釣藤散は、頭痛や肩こり、冷え性のひとに向いています。

更年期においては、身体的な事の他に精神面での症状が出やすいため、一度上がってしまうとなかなか下げることは難しくなります。漢方薬は、あくまで付随する症状を和らげ、体の中から改善していくものなので、適切に飲むことが大切です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い場合に飲む漢方薬で人気のあるものは?口コミの評判って?

血圧が高いと言う事は、腎臓病やホルモン異常など、原因が分かっている場合は、その原因を治療すれば治りますが、血圧が高い状態になる原因は全体の90%以上の人で分かっていません。

その要因として食塩の摂りすぎ、高齢になることで、血管が老化すること、ストレス、過労、肥満、運動不足、遺伝的要因がい合われています。そのために、バランスのとれた食事、有酸素運動が効果がありますが、漢方薬にも血圧の高い状態に伴う症状を楽にする作用をもつものがあります。

ただ、漢方薬は、血圧が高いからその症状を治すのではなく、使用する人の体調を整えることにより、血液の流れをスムースにすることを目的としています。漢方薬は、体力のある人とそうでない人に使うのは違ったものです。

血圧に影響を与える漢方薬で人気のあるもののひとつに釣藤散がありますが、これは、体力が中程度で、慢性に経過するめまいや頭痛や肩凝りの症状に効果をあらわすもので、口コミでいい評判があるからと言え、全ての人に効果があるわけではありません。

もう一種、七物降下湯が人気があり、口コミで評判はいいのですが、これは体力のない人向けです。
漢方薬は、あくまでも、人気や評判や口コミで求めるものでなく医師に処方をしてもらうべきです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い時に飲む漢方薬は市販で薬局やドラッグストアでも買える?

血圧が高い時に飲む市販の漢方薬はあります。漢方薬は比較的安全なため、薬局やドラッグストアで買うことができます。血圧が高い原因はいろいろとあり、それによって、症状が異なります。血圧が高くなることによって起こる症状としては頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、目の充血、イライラ感、のぼせ症状など様々で、それらの症状に効果的な市販の漢方薬を選ばなければいけません。

漢方薬にはいろいろなものがありますが、大柴胡湯(だいさいことう)は頭痛やめまいを和らげる効果があります。
そして釣藤散(ちょうとうさん)は脳の血管を広げることで血圧を下げます。これはめまいや耳鳴りの症状がある人に適しています。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)という漢方は動悸や精神的不安の解消の効果があります。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は目の充血、イライラ感を和らげる効果があり、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)はのぼせ症状による熱を冷やす効果があります。

このように症状によってさまざまな漢方薬がありますので、あなたに合った漢方薬を選ぶようにしましょう。

大柴胡湯、釣藤散、柴胡加竜骨牡蛎湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯は血圧が高い時に飲む市販の漢方薬として薬局やドラッグストアで買うことができます。自分の症状に適したものを選ぶのが難しいようであれば、薬局やドラッグストアで相談するのが良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い人や高めの人に有効な血圧を下げる呼吸法で腹式呼吸は有効?

血圧が高い時に、血圧を下げる方法として有効な呼吸法に、腹式呼吸というものがあります。この腹式呼吸とはどういうものかというと、なかなか一言でうまく言い表すことが難しいのですが、要は胸、胸郭を意識して息をするのではなく、へそ部分、お腹を意識して呼吸をすることを指します。

とはいっても、人間は当然ながら肺で呼吸しているわけで、肺は胸にあってお腹にあるわけではありませんから、この呼吸法をしても実際にお腹に空気がたまるはずはありません。ただそれを意識して呼吸をすることを指すのです。ですから、いわゆる深呼吸とはまた少し異なります。深呼吸とは単に深く大きく息を吸い込むことであって、特別にお腹を意識して呼吸をすることを指すわけではないからです。

この腹式呼吸と呼ばれる呼吸法により、高い血圧を下げる効果があります。どうしてかというと、この呼吸法により人間はリラックスするようにできているからです。高い血圧は無意識のうちの緊張感がもたらしていることがよくありますから、この呼吸により意識して体をリラックスさせることで、血圧を下げることができるのです。もちろん単にリラックスし心を鎮めるような効果もあることになります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い人が、朝入浴するのは控えるべき?

みなさん、寒い季節の朝に身体を温めるためにお風呂に入ったり、暑い季節ならシャワーを浴びて寝汗のかいた身体をスッキリさせてから、仕事や家事などをスタートさせるとその日一日が気分よく過ごせますよね。

しかし、朝に入浴することは心臓や血管などの循環器系への負担が大きくなるため、注意が必要です。特に血圧の高い人は注意が必要です。そのような人は心臓や血管などへの負担を考えて、朝の入浴を避けるべきです。

それは、朝に入浴することで血圧の変動が大きくなるからです。血圧は起床時に一番低下しており、その状態で入浴するとシャワーや浴室の温度により体温が上昇し血管が広がり、さらに血圧が下がります。

そうすると高い状態から急激に下がることとなるため、血液を心臓から送り出す際に血圧がいつもの高い状態を保とうと心臓が努力することで心臓の負担が増大します。また、血管の壁の負担の量の変動も大きくなるため、そちらにも負担は大きくなります。

それを繰り返すことで心臓の疲労が蓄積されて、心不全などのリスクが増大するとされています。そのため、朝の入浴は控える必要があります。また、どうしても入らなければならない際は注意しながらお風呂に入るようにすると良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴

血圧が高い人がお風呂に入る時、お風呂の温度は何度くらいが適温?

お風呂に入ると体が温まり血管が広がって血圧が下がると思っていましたが、気を付けないといけない点があります。その注意点とは「42度くらいの熱いお湯の急激な刺激は体に高い負担がかかる」です。

高い温度のお湯に入るのは気持ちがいいのですが熱さの刺激で血圧が急に上がり、そしてすぐに下がる血圧の急激な変化が起こり体に負担がかかります。ぬるいお湯から徐々に温度をあげていくのがいいでしょう。

血圧を上昇させることなくお風呂に入ることのできるお湯の適温があります。
適温は3~40度です。ぬるめのお湯に入ることで副交感神経が刺激されてリラックスすることができ血管が拡張し、血圧を下げることができます。入浴時間の目安はのぼせないように10~15分くらいがちょうどいいです。

高い温度の熱いお湯でさっと入るより、適温のぬるめのお湯でじっくりと体の芯まで温めるほうがいいんですね。

体に負担を与えることなく入浴する方法は入浴する前にかけ湯をしてお湯に体を慣らせておくこと、入浴するときは肩までお湯につからず胸のあたりまでお湯に浸かる心臓に負担のかからない半身浴で入浴することも押さえておきたいポイントです。

急な温度変化に気を付けて楽しいお風呂を満喫したいものですね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂