血圧が高い時、お茶を飲むと血圧を下げる効果は期待できる?

血圧が高い人に向けて、簡単に血圧を下げる方法ととして、毎日お茶を飲むだけで効果が期待できると言われています。お茶に含まれるカテキンには、血管を強くして血の流れを良くし、さらに老化を防ぐことが出来ます。

緑茶は多くカテキンが配合されているため、血圧やコレステロール値の高い方にもおすすめのお茶と言われています。原因として、塩分の取り過ぎ、お酒やたばこ、運動不足やストレスが挙げられます。

塩分の取り過ぎ、で体の中の塩分濃度が上昇してしまうので、水分補給のためにもお茶が大事となってきます。飲む時間帯に関しては、寝る前と起床後にコップ一杯ほど摂取したほうが良いと言われています。

人間は寝ているときに水分を失ってしまうので、血液中の塩分濃度を上げないために飲んだほうが良いと言われています。

緑茶の他に高い血圧を下げる効果が期待できるものとして、黒豆茶があります。黒豆茶に含まれているアントシアニンは身体の細胞の膜強化する働きがあり、コレステロール値を下げる効果もあります。

他にも血圧を下げる効果が期待できるものとして、ひまわり茶、ハブ茶、そば茶、どくだみ茶など様々なお茶に効果が期待できるようです。一番良いのは自分の味の好みのものを見つけて継続して摂取しつづけることです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶