血圧が高い時に血圧を下げる飲み物は?お茶やお酢のドリンクなども効果はある?

血圧が高い場合、下げる必要がありますが、お茶や酢といった飲み物でも下げることができます。

血圧は高くなってしまうと、血液がサラサラとした状態からどろどろとしたものになり、動脈硬化を引き起こす原因にもなりかねません。動脈硬化が起こると、突然死である心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまう危険性が増してしまいます。
血圧が高い時に下げる方法としては、食事療法や運動療法があります。この方法は、血圧がちょっと高いかな、という時にも行えるものです。

気軽にできるのは飲み物によって上昇を抑える方法です。
血圧を下げる飲み物には、お茶やお酢、野菜スープなどがあります。お茶といっても緑茶やほうじ茶、ウーロン茶など様々な種類がありますね。

血圧を下げるお茶は緑茶、麦茶、ウーロン茶、タンポポ茶があります。緑茶にはポリフェノールの一つであるカテキンが豊富に入っています。このカテキンは血液の中のコレステロール値を抑える働きがあるので、血管の状態が良くなります。

お酢は飲みにくいですが、血液中の脂肪分を減らす働きがあります。特に黒酢にはアミノ酸が多く含まれているので、その作用が高くなります。お酢にはリンゴ酢などフルーティーのものもあるので、お湯や水で割って飲むと良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる