血圧が高い時血圧を下げるには、生活習慣や食生活の見直しや断食は効果ある?

血圧の高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満というなら、生活習慣改善で下げることができますがそれには努力が必要です。

血圧の上がる原因に食塩の摂り過ぎが大きくかかわっているので、まずは塩分量の改善です。子供の頃からの食生活が直せない人が多いのですが、塩、醬油が好きな人は特に、塩分控え目の食事を心がけましょう。

次に、血圧の上昇の原因になりやすいのがストレスです。過労やストレスを感じた時に、血圧はを高い状態になりやすいので、注意が必要です。なるべくストレスを貯めないように、リラックスできるよう、趣味や旅行、カラオケなどあなたに合った方法でストレス解消することが大切です。

また、中高年になると身体に脂肪分が貯まりやすくなり、血圧に悪い影響が起こりやすくなってしまいます。さらに、メタボは禁物で、カロリーオーバーにならないよう、また栄養バランスに注意し、食生活改善と適度な運動の習慣化が必要になります。

食生活の改善ということで初心者の方には少し難しいかもしれませんが、 「断食」というのも適度に行うと血圧が高い時には効果的に血圧を下げることが期待できます。
断食をすると食物からのエネルギーを燃焼する力がなくなり、身体のメカニズムとして、老廃物を燃焼するということに結びつきます。そうすると体温は上昇し、血管が拡張します。血管が拡張すれば、血流が良くなり、血圧の数値も正常に近くなります。

メカニズムして断食は血圧を下げる効果があると言えますが、習慣として慣れていない方がやりすぎると、他の面で悪い影響が出ないとも限りません。はじめて断食にチャレンジしたいと思っている人はきちんと専門家に相談するなどして、健康に気を配って、十分注意してチャレンジしてみてくださいね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる