血圧が高い原因の一つに、アルコールの取り過ぎやアルコール依存症は関係してる?

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事があります。適度な飲酒の場合は善玉コレステロールを増やす効果が認められているので問題はないのですが、あくまでも適度な量が大切です。

アルコール摂取量が多かったりアルコール依存症の方の場合は、交感神経が緊張し心拍数が増える事が原因で高い数値を示す事があります。

また一緒に食べるおつまみによってカロリーオーバーになったり塩分の摂り過ぎになる事もあります。その結果脳卒中の原因になる可能性もありますので注意が必要です。

アルコール摂取量を減らすと数日のうちに血圧が低くなる実験結果もありますので、数値が高い方は節酒を意識する事が大切です。それほどまでに過度なアルコール摂取は血圧に影響を与えるのです。

またアルコール依存症で止められない方は毎日血圧を測定するなどして、日々ご自身の数値を意識する事も必要です。
飲酒でも食事でも何事も適量が健康には一番ですので、日々意識して適量にしていきましょう。

また飲酒の時にはお水も一緒に飲むなどの工夫をしたり、おつまみも塩分控えめなものやヘルシーなものを用意すると良いでしょう。

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事がありますので、節酒を心掛けましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール