血圧が高い時食事を抜くのは効果的?血圧が高めの人が食事制限をする場合の注意点って?

血圧が高い時に食事を抜くのは逆効果です。また、食事制限をする場合には塩分を控えるようにすることが大切です。血圧と塩分は密接に関わっているため、本人が自覚をした上で食卓に出す食事の塩分を少なくしていく必要があります。

また、朝食を抜いてお腹が空いた状態で昼食まで我慢をするとストレスの原因となってしまいます。ストレスは血圧が高い原因の一つでもあるため、健康のために朝食を摂ったほうが良いです。

その一方で朝食を抜くことで腸を休めることが出来るという意見もあります。朝の食事を摂っていた人が急に食事を抜くとストレスを感じてしまうため、栄養バランスのとれた食事制限と適度な運動と充分な睡眠、そしてストレスをためないことに気をつけることで健康維持に繋げられます。

食事制限の一つとして、野菜不足を防ぐことで高い血圧を下げることが可能になります。野菜に含まれる食物繊維には血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあり、悪玉コレステロールが増えると動脈硬化が進んで血圧が高くなってしまうので、積極的に摂取することで動脈硬化改善に繋げられます。そして、野菜に含まれるカリウムやカルシウムを摂ることで健康な状態を保つことが出来ます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食事