血圧が高い時、食事の間隔が空いたり、時間が不規則だと血圧の上昇にも関係する?

血圧が高い人は食事の間隔が空きすぎるとついつい、食べ過ぎてしまう傾向があります。

そしてその血圧の関係というと、体重が増えてしまうと脂肪細胞から血圧が上がる物質が分泌されてしまうからです。また血糖値をコントロールしているインスリンというホルモンの働きが悪くなります。

そして腎臓でのナトリウムの排泄が滞り血液中のナトリウム濃度が高まり血液量が増えてその結果血圧が高いという悪循環を生み出してしまうからです。

また日本人はどうしても塩分濃度が高い食事になる傾向があります。最近ではバランスの良い日本食を取るのに欠かせないものといえば魚です。食費と時間の節約を考えればついつい干物を選んでしまう傾向があります。

なぜ塩分濃度が高い食事をとると悪いのかといえば、どうしてものどが渇いて水分を取ってしまうからです。その関係上血液量が増えてこれもまた血圧が高くなってしまいます。

人間の体はバランスを崩せばうまく働かなくなってしまう傾向があります。仕事をしている関係上、少し難しいかもしれませんが、健康診断の注意書きにも食事の間隔と時間をとりバランスのとれた生活習慣を送るようにしてくださいとのコメントが記されています。

水分の多い豆腐やカリウムを含んだ食材をとること、間隔と時間をなるべく取ることが秘訣といえそうです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食事