血圧が高い時に飲み物に含まれるカフェインの取り過ぎは良くない?ノンカフェインでおすすめの飲み物って?

血圧が高い時にカフェインを取り過ぎると血圧に悪影響があると言われていますが、飲みものによって効果が異なるため一概にカフェインの含まれている飲み物全てが悪いとは言えません。

アメリカの病院の研究結果によればコーヒーの場合では逆にリスクが減るという実験結果がでており、紅茶の場合には程度は低いですが摂取量が増えるほど血圧が高くなるリスクが増えます。炭酸飲料やエナジードリンクなどに含まれているカフェインは高いリスクがあるので血圧が高い人は摂取しない方が良いでしょう。

血圧が高めの人でリスクを減らしたいという方におすすめなのはノンカフェインの飲み物です。ノンカフェインの飲み物で代表的なものにハーブティーがあげられます。香りが良くリラックス効果の高いカモミールティーやスッキリとした味わいのミントティーは日本人にも飲みやすいハーブティーでホットでもアイスでも楽しむことができます。

冬の季節なら酒粕や麹をつかった甘酒もよいでしょう。黒豆を炒って作る黒豆茶は活性酸素を除去し、血液の流れを良くしてくれる効果もあるのでおすすめです。紅茶などカフェインが多いものがどうしても飲みたい場合にはノンカフェインのタイプのものも販売されていますのでそういったものを利用して楽しんでみてはいかがでしょうか。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物