血圧が高い時に飲むと良いお茶の価格の相場は?値段の安いおすすめのお茶ってどれ?

血圧が正常値より上がり始めてしまったらどのように気を付ければ良いのでしょうか。毎日飲むお茶で高い血圧を下げることできれば、日常生活でもとても役立ちますよね。

高い血圧が下がるお茶には、そば茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶などがあります。
そば茶ですが、必須アミノ酸のトリプトファンとリジン、フラボノイドの1種ルチンが含まれ、ルチンには、血管を拡張し、毛細血管を丈夫にする作用がありますが、韃靼そば茶は、普通のそば茶の80倍のルチンを含んでいます。

さて、そのお値段ですが、韃靼そば茶で1kgが6000円くらいで買うことができます。
ドクダミ茶は、クエルシトリンをふくみ動脈が固くなることを防ぎ、価格は3g、40包で1500円程度します。
柿の葉茶には、ビタミンCやルチンを含みます。このお値段も3g、40包で1500円くらいします。

杜仲茶ですが、血圧を下げる作用のあるピノレジノール・ジ・グルコシドを含みます60袋で3000円近くの値段がします。
ハブ茶は、アントラキノン誘導体がコレステロールを減らし、価格は5g、80包で1200円弱します。

飲みやすさもありますし、価格の安い物選べば十分でしょうが、やはり有機、国産など安心な物を選ぶと、安い値段で手に入れる事は少し難しくなります。

安い価値段でお茶を手に入れるより、価格は高くなっても、あなたに合ったお茶を探す方が毎日飲むものですので安心できるかと思います。ぜひいろいろなお茶を試してみてはいかがでしょうか?

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶