血圧が高い時や高めの時におすすめのお酢の飲み方は?

血圧が高い人にお酢はおすすめですが、その飲み方にはいくつかポイントがあります。
お酢には血圧を下げるだけではなく、血圧が高い人にありがちな慢性的な体のだるさや疲労感の解消にも効果が期待できると言われています。

いくら血圧が高い人におすすめといっても、ただたくさん飲めば良いというわけではありません。
飲み方のポイントの1つめはまずその量です。一日に15mlから30mlくらい、大さじ1〜2杯ほどです。
そのままでは飲みにくいだけではなく、お酢は酸が強くため5〜10倍くらいに水やお湯で薄めて飲むのがおすすめです。

飲み方のポイントの2つめはタイミングです。
特に効果的な時間帯などはありませんが、朝起きてすぐや食前などの空腹時は避けましょう。
空腹時は酸が胃に負担をかけてしまい、胃もたれや胃痛の原因となってしまうことがあります。

最後に一番大切な飲み方のポイントは毎日続けて飲むことです。
また毎日飲むものですので、甘味料や香料などが入っていないものを選ぶことも大切です。

酸っぱいのが苦手な人はジュースに混ぜて飲んだり、料理に使っても良いでしょう。
どうしてもお酢をそのまま飲むのが苦手な場合は、サプリメントを選んでもいいかもしれません。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お酢