血圧が高い時に飲むと良いお酢の成分って?お酢に含まれる酢酸とは?

血圧が高い人にはお酢が効果的です。お酢には酢酸という成分が含まれています。この酢酸は人間の体の中に入ると細胞の中でアデノシンという成分が分泌されます。

このアデノシンは血管を膨張させ、全身の血液の流れを良くしてくれます。血液の流れが良くなることで、血行が改善し血圧が下がる効果が期待できます。

お酢にはたくさんの種類がありますのが、どのお酢にも酢酸は含まれています。その中でもおすすめなのは黒酢です。黒酢は米酢を長期間熟成発酵させているため黒い色が付いており、他のお酢に比べてアミノ酸が多く含まれています。

このアミノ酸は血液をサラサラにする効果もあります。また、クエン酸も多く含まれています。このクエン酸は血中の余分な糖質や脂質を排出してくれる成分です。ただし、継続的に摂取する必要があります。

実験の結果では、血圧の高い人に効果はあったものの飲むのを止めた途端元に戻ってしまったと報告されています。しかし、継続的に続けることで効果はありますので、苦手でない限りはおすすめの方法といえます。

逆に血圧が低い人が摂取しても、必要以上に下がってしまう心配はありません。血圧が高い人も低い人にも健康効果が期待できますので、家族みんなで習慣にするとよいでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お酢