血圧が高い場合、酒を飲んだ後は血圧が下がる?飲酒後に血圧が下がるとしたらそれはなぜ?

飲酒後は、血圧が結果的には上がります。ふつうお酒を飲むと、一時的に血圧は低下しそれから上昇していきます。

過剰なお酒の摂取を継続的に続け、摂取するアルコール量が増えることでレニン活性や血管細胞内カルシウムの増加が原因でさらに上昇は起こります。研究でも、一日の飲酒量が多いほど血圧が高い人が増えることが証明されています。

アルコールが体内に入ると交感神経が刺激され、働きが高まり、さらに血管が収縮することで、血管を拡張してくれるマグネシウムやカルシウムなどが腎臓から失われてしまうことで高い血圧になるといわれています。

適正量をはかり、適度な習慣で飲むことでアルコール摂取を完全にやめる必要はなくなりますが、お酒と一緒に塩分の高いおつまみなどを食べていては効果がありません。

飲酒後、一時的に血圧が下がる時には、お酒を飲むことで体がリラックス状態になってストレスが少し解消されることと、適量のアルコールが血管を拡張してくれることが理由だといえるでしょう。

飲むと顔が赤くなる人では、飲酒後のアルコール代謝に関係する酵素の働きが生まれたときから弱いので、血中でのアセトアルデヒドが増えてしまい、先ほどの一時的な下がる反応から、高くなるまでの脈拍増加がより高くなります。飲んだら下がるということはないでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒