血圧が高い時、酒や酒粕を取ると高めの血圧を下げる効果は期待できる?

お酒を飲むと血圧がすぐに必ずあがる、ということはまだわかっていません。しかし、長期的に飲み、飲む量が増えると過剰摂取になり体内のカリウム、カルシウム、マグネシウムが減ってしまい高い血圧になってしまうことが考えられます。

しかし、悪い効果だけでなく気分を高くしてくれたり、死亡率がさがるという研究結果もでているのです。いきなりお酒を禁止してもストレスがたまったりして血圧をあげてしまう要因にもなりかねません。

なので、適量のお酒を適正に飲むということを守りましょう。アルコール健康医学協会が定めている適量としては、ビールなら中瓶2本、日本酒なら2合、焼酎なら1.2合を限度としています。また、酒粕はこうじに含まれる成分の中に、体内で分解されるとペプチドという物質になるタンパク質があります。

ペプチドは血管を拡張させて血行を促してくれ、また善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるので、血圧の上昇を防いでくれる高い効果があるのです。

酒粕を使用した定番の飲み物としては甘酒が定番ですが、こちらも飲みすぎはよくありません。酒粕を得るにしても、ビールなどのアルコールを得るにしても下げる効果は期待できますが、飲みすぎは良くないのです。適量を守ることで高い効果が得られるでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒