血圧が高い時に、飲み物の中で血圧を下げる効果の期待できる即効性の高いものって?

血圧が高い状態にあると言う事は、腎臓病やホルモン以上がある場合には、その原因の病気が治れば、正常に戻りますが、明らかな異常がないのに、血圧の高い状態になることがあります。

その要因としては、食塩の摂りすぎや高齢化することで起きる血管の老化やストレス、過労、運動不足、肥満、遺伝的な要因が考えられます。

高い血圧にならないようにするには、有酸素運動を行うとかバランスの取れた食事を取ることが基本ですが、「トクホ」と呼ばれる商品(正式には特定保健用食品)の中に血圧を下げることができる飲み物があります。
その飲み物は、1回飲むと即効性があり、血液の圧力が下がると言う物ではありません。毎日、一定量を根気よく飲み続けることにより効果が出て来るのです。

そのような飲み物にはゴマペプチドを含む物があります。必ずしも、即効性という点から考えるべきものではありませんが、味もよくカロリーも0で、毎日飲むといつの間にか血液の圧力が下がってきます。

さらに、ラクトトリペピチドが含まれている商品があります。ラクトトリペプチドに血液の圧力を下げる効果があることが分かっているからです。これも即効性を期待するよりも、毎日のんで、いつの間にか効果が出ていると言う商品です。
それから、酢を含むもの、杜仲茶にその効果があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物

血圧が高い時、飲み物のお茶や緑茶を飲むと血圧を降下させることもある?

血圧が高い人が、飲み物のお茶や緑茶を飲むと、血圧を降下させることが期待出来ます。これは、カリウムという栄養素を含んでいるからです。

カリウムは塩分を取りすぎで血圧が高い人の体内から塩分をとりだす働きがありますので、これによって血圧が下がるというわけです。最近は多くが多くの塩分をとっていることが原因とされていますから、これによって圧が下がるというわけです。

また、お茶や緑茶などの飲み物にはテアニンという成分でリラックスさせる効果があります。リラックスをするとストレスが解消することになりますので、これのよって血圧が下がることになります。

ストレスというのは体に大きな影響を与えることが近年では確認されているので、これによる効果は予想以上に大きいということがいえるかもしれません。

リラックスをする為ですから、高いお茶や緑茶のような飲み物でないと駄目ということではなく、普通のもので十分です。飲み過ぎになるようなこともまずないでしょうから、気になる人は出来るだけお茶や緑茶を飲むように心がけておくといいでしょう。

血圧を降下させるには継続的に飲むことが大切で、一回に多く飲んだからといってすぐに降下するものではありません。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物

血圧が高い時に飲む飲み物はコンビニでも買える?ペットボトルの麦茶でも高めの血圧に効果的?

血圧が高い時に飲む飲み物は、ペットボトルの麦茶などがコンビニで販売されています。
血圧を下げる効果がある成分を含む飲み物は意外と多くあります。コンビニで販売している飲み物は豊富にありますので、血圧が高いからという理由だけでなくても、味を楽しむこともできます。

具体的には、牛乳、オレンジジュース、お茶です。血圧を抑える成分にカリウムがありますが、牛乳や柑橘類には豊富に含まれています。また、ビタミンやカルシウムなどその他の栄養も豊富ですので、喉が渇いたときに飲むと自然と対策になります。飲み過ぎると糖分や脂肪の取り過ぎにも繋がりますので、時々飲むという程度にするのが良いでしょう。

麦茶にはアルキルピラジンという成分が含まれ、血液をサラサラにする作用があります。また、チョコレートにも含まれるギャバも含まれており、この2つが血圧が高い状態を改善します。さらに、緑茶や紅茶にはカフェインが含まれていますが、麦茶には入っていません。

コンビニで販売されているペットボトルのお茶にも様々な種類があり、麦茶以外にも特定保健用食品の指定がなされているお茶があります。2リットルサイズのペットボトルを買い、食事の時に飲むと無理なく摂取することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物

血圧が高い時に食べる食品として、納豆の納豆キナーゼという成分は血圧の上昇を抑えるのに効果的?

納豆は大豆を煮た後、納豆菌で発酵させた食品です。
食物繊維も多く、この食物繊維という成分が余分なコレステロールを絡めとって排泄する働きがあるので、高い血圧を下げることにも繋がっていきます。

また、大豆にはイソフラボンという成分がたくさん含まれています。

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあります。更年期以降に血圧が急上昇するタイプの女性が少なくありませんが、女性ホルモンには血管をしなやかにする作用があるからです。
そんな更年期の女性には、納豆でイソフラボンを摂ることが勧められます。

そして、納豆菌が作る納豆キナーゼという酵素成分には、血栓を溶かして血液をサラサラにする働きがあることがヒトで確認されています。

これらのことから納豆や納豆キナーゼは血圧を正常に保つのに良い、血圧が高い人におすすめの食品だと言われています。

しかし、血圧が高い状態となるメカニズムは非常に複雑で様々な要因が複雑に絡み合っています。

食品だけで何とかしよう、納豆キナーゼで何とかとしても、おそらく無理でしょう。
睡眠の問題やストレス、寒さなども関係しますし、何らかの疾患が背景に隠れているケースもあるので、あくまでも補助的なものとして考えましょう。
基本は生活習慣を見直すことです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食品

血圧が高い時に、血圧を下げる作用が期待できる食材はある? グレープフルーツは効果的?

高い血圧を招くのは塩分だと大勢の人に知られています。だから、塩分は少なめにし、また身体の中の塩分を上手に排出するのが、血圧を下げることにつながるというわけです。

カリウムがこの塩分排泄に有効なので、カリウムを含む食材は高い血圧を下げるのに役立つということで、該当する食材は、さつまいも、ホウレンソウ、バナナ、メロン、アボガド、パセリ、トマト、豆類、海藻類となります。他にも、キュウリ、ナス、スイカ、アジやイワシ、春菊など効果的です。下げる食材で有名なのは玉ねぎでしょうか。

気を付けなければいけないものの代表がグレープフルーツです。
血圧が130mmHg以上140mmHg未満で少し高いという場合は、処方箋にお世話にならないケースが多いのですが、もしお世話になっていると、せっかくのことを台無しにしてしまうからです。

グレープフルーツそのものが高い血圧に左右するということでなく、成分が処方されたものに悪い作用をするということなのです。橙やライムも同じ作用をする成分があるので注意が必要です。

同じ柑橘類の食材で、グレープフルーツと同じようなみかん、オレンジ、レモン、カボスは悪い作用をしなくて大丈夫ということで、判断が難しいことですが、いずれにしても慎重に対応することです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食材

血圧が高い時食事を抜くのは効果的?血圧が高めの人が食事制限をする場合の注意点って?

血圧が高い時に食事を抜くのは逆効果です。また、食事制限をする場合には塩分を控えるようにすることが大切です。血圧と塩分は密接に関わっているため、本人が自覚をした上で食卓に出す食事の塩分を少なくしていく必要があります。

また、朝食を抜いてお腹が空いた状態で昼食まで我慢をするとストレスの原因となってしまいます。ストレスは血圧が高い原因の一つでもあるため、健康のために朝食を摂ったほうが良いです。

その一方で朝食を抜くことで腸を休めることが出来るという意見もあります。朝の食事を摂っていた人が急に食事を抜くとストレスを感じてしまうため、栄養バランスのとれた食事制限と適度な運動と充分な睡眠、そしてストレスをためないことに気をつけることで健康維持に繋げられます。

食事制限の一つとして、野菜不足を防ぐことで高い血圧を下げることが可能になります。野菜に含まれる食物繊維には血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあり、悪玉コレステロールが増えると動脈硬化が進んで血圧が高くなってしまうので、積極的に摂取することで動脈硬化改善に繋げられます。そして、野菜に含まれるカリウムやカルシウムを摂ることで健康な状態を保つことが出来ます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食事

血圧が高い時に、血圧を下げる即効性の期待できる食べ物は?

血圧が高いというのは血管内に老廃物が溜まっていることか、血管自体が固くなっていることが原因です。
血圧の高い状態というのは自覚症状がなく、数値にしか表れてきません。ですので、急に血管が詰まり、破裂するといったことがおこってしまう可能性があります。

血圧が高くなる要因として食べ物があげられます。塩分の多い食べ物を多く食べることで、老廃物がたまりやすくなり、また血管を固くしてしまいます。

即効性のある食べ物はバナナです。バナナに含まれるカリウムが塩分を体外に出す働きがあるため即効性があります。そしてカリウムはほとんどの野菜に含まれているので、野菜中心の食生活を心がけることで高い効果が期待できます。

逆に血圧を上げてしまう即効性のある食べ物はチーズ、ハムといった洋食です。これらものには多く塩分が含まれているため、自然と多く塩分を吸収してしまうからです。ですので、外食の多い方は外食を控えて、塩分の低い食べ物にすると良いでしょう。

そして、カリウムを含むものというのは、野菜に多く含まれています。
もっとも手軽なものは先ほどあげたバナナですので、朝ごはんにバナナを食べる習慣をつけることで血圧を下げて、健康的な身体を手に入れましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い食べ物

血圧が高い時に飲料で対策することもできる?お茶やお酢など血圧を下げるのに有効な飲み物は?

血圧が高い人がお茶やお酢などの飲料で対策するときに役立つのが牛乳です。牛乳にはカリウムやカルシウムなどの成分が含まれています。血圧が高くなる原因の一つには「塩分の摂り過ぎ」があり、カリウムは体の中の余分な塩分を出してくれるのでおススメです。

また塩分を体の外に出してくれる機能の手助けをしてくれるのがカルシウムで、お茶やお酢と同様に血圧を下げるための対策として飲みたい飲料と言えます。しかし飲みすぎには注意が必要で、カロリーを抑え健康的に過ごすためにも1日200mlを目安に飲んでみてください。

また牛乳をあまり飲めなくておなかを壊してしまうという人は、温めると飲めるかもしれません。試してみてどうしても無理であれば、自分が飲めるお茶などを飲んだ方が良いです。

またお茶やお酢、牛乳以外にも血圧の高い人向けの飲料があります。それはコーヒーです。今まではコーヒーに含まれているカフェインは血圧の高い人がこれを下げるための対策としては飲んではいけないとされてきました。

しかし研究が進むにつれて、カフェインはむしろ摂取した方が良いというデータが出てきました。よってコーヒーは牛乳と同様に飲みすぎない範囲においては、飲んだ方が良い飲料としておススメできます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 対策

血圧が高い原因の一つに、アルコールの取り過ぎやアルコール依存症は関係してる?

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事があります。適度な飲酒の場合は善玉コレステロールを増やす効果が認められているので問題はないのですが、あくまでも適度な量が大切です。

アルコール摂取量が多かったりアルコール依存症の方の場合は、交感神経が緊張し心拍数が増える事が原因で高い数値を示す事があります。

また一緒に食べるおつまみによってカロリーオーバーになったり塩分の摂り過ぎになる事もあります。その結果脳卒中の原因になる可能性もありますので注意が必要です。

アルコール摂取量を減らすと数日のうちに血圧が低くなる実験結果もありますので、数値が高い方は節酒を意識する事が大切です。それほどまでに過度なアルコール摂取は血圧に影響を与えるのです。

またアルコール依存症で止められない方は毎日血圧を測定するなどして、日々ご自身の数値を意識する事も必要です。
飲酒でも食事でも何事も適量が健康には一番ですので、日々意識して適量にしていきましょう。

また飲酒の時にはお水も一緒に飲むなどの工夫をしたり、おつまみも塩分控えめなものやヘルシーなものを用意すると良いでしょう。

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事がありますので、節酒を心掛けましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール

血圧が高い時にアルコールや塩分の多いものを食べて、脱水の症状になると高めの血圧はどうなるの?

血圧に対するアルコールの作用は様々で、心臓の働きを強めたり弱めたりもします。血管が収縮すると上がり、逆に拡張すると下がります。通常、アルコールを飲むと一時的に血圧が少し下がり脈拍が増えますが、これはアセトアルデヒドという物質が血液中に増える事により、一時的に血管を広げて下げます。

しかし、アルコールを飲み続けると血圧は高い状態になります。医学的にも、飲酒の機会と量が多いほど平均値が高くなる事が分かっています。繰り返しの飲酒によるこの疾患は、人種やお酒の種類に関わらず認められています。

この原因は、血管収縮の上昇、脈拍数を上げる交感神経の活動促進、腎臓からマグネシウムやカルシウムなどの塩分が失われる事などが挙げられてます。アルコールを摂取する際に、つまみなどに塩分の多いものを食べる事も上昇する要因になります。

健常者で血圧が高い方は、アルコールと塩分を摂取すると前述のように更に高い状態になります。一方、お酒には脱水効果があり、たくさん飲料すると体自体も脱水状態に陥ります。

水分と塩分などの電解質が失われますので、今度は血液量が減少して逆に血圧低下が起こり、酷い場合は目眩や吐き気を催し、急性中毒の場合は深刻な状態に至るケースもあります。飲み過ぎて脱水状態にならないようにすべきです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール