血圧が高い場合酒はどの程度の量なら飲んでも大丈夫?大丈夫な酒の種類や適量ってある?

血圧の高い人でも、お酒の量と種類に気をつければ適量なら問題ありません。
むしろ適量であれば血管が膨張するためむしろ血流がよくなります。

しかし、何事も度が過ぎると悪影響を及ぼすもので、お酒を飲みすぎると一度膨張した血管が収縮し、元の血管の太さよりも細くなるため、血圧が高くなるという現象がおきます。

そこでそれを防止するには量と種類に気をつけることです。
まず、量は2単位以内が良いと言われております。なぜならそれ以上飲むと身体のアルコール処理能力を超えるため、それは毒素として体内に残ってしまいます。

次にお酒の種類ですが、度数の高いお酒は控えましょう。もしどうしても飲みたいのであれば40度のものならその5倍の量の水を、20度のものであればその2倍の量の水を飲むことを心がけた方がよいです。

アルコールを体外に出す際に、水分も一緒に出されるため、体内の水分が少なくなり、脱水症状を引き起こす可能性があります。この状態の血液は水分が少ないため、どろどろとしたものになり、血圧も上がってしまいます。

血圧の高い方もこれらのことを守り、適量のお酒を飲むことでストレス発散にもなるので、楽しく無理のない範囲で自分の身体をいたわってあげましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い人は酒を飲むのは控えた方が良い?飲酒が血圧が高めの人に与える影響って?

健康のことを考えるときに、お酒とたばこのことがどうしても話題となりますが、タバコは百害あって一利なしですから、出来るだけ早いうちにやめることをおすすめします。肺がんになる可能性が高いというのが主な理由ですが、血管を収縮させるという影響もあるからです。

そこへ行くと、お酒は度を超さなければ身体に良いとされています。
飲酒の習慣では、週2日の休肝日と言われますが、肝臓への負担があるので労わるために必要なことですが、実は血圧にも少なからず影響があります。

かつては一日の量は日本酒に換算すると2合程度と言われていましたが、今は1合程度が適量とされています。理由は飲酒によりカロリー摂取が多くなるからです。太り気味になると血圧はどうしても高い方に導かれます。

そして、飲酒で気を付けなければならないのは、アルコールが身体に入った当初は、血流も良くなり、血圧は低くなるのですが、血管への影響は後から出てくるため、時間が経つと収縮作用が働くということです。

したがって、異常というほどの数値でなくても高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満くらいの人も、それ以上血圧が高いということにならないためにも、お酒を控える習慣を身につけることです。

特に、ほろ酔い程度はともかくとして、翌日に酔いが残るような飲み方は、禁物です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い状態になりやすい食後は食事で対策できる?血圧が上がりにくい食べ物と上がりやすい食べ物は?

血圧が高いと様々な病を引き起こすことから、食べ物に気をつけたり食事で抑えることができるか考えたり、食後、どのくらい上がるのか気になったりします。

血圧は大変変動のある状態で、ストレスがたまったり運動を行ったりしただけでも数値が変化します。食べている時は上がっている状態ですが、食後は、少しずつ血圧が下がっていきます。ですが、食べ物によって食後も高い状態のままになってしまうことがあり、注意が必要となります。

血圧が上がりにくい食べ物には、アボカド、りんご、バナナ、ほうれん草、パセリなどがあります。これらの野菜にはカリウムが含まれているので、体の中の余分な塩分を取り除いてくれます。大豆製品もまた、たんぱく質が含まれているので血液をサラサラとしたものにすることができ、高い状態から低い状態へと変えてくれます。

一方上がりやすい食事には、ラーメン、加工食品、カレーライス、ピザなどがあります。これらには塩分が多く含まれており、塩分によって血圧が高い状態になってしまいます。食事をする際には、汁は飲み干さない、食べすぎないといったことに注目すると良いでしょう。

なお、野菜類に多く含まれている食物繊維、たんぱく質、炭水化物の順に食べると上がりにくくなります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食後

血圧が高い原因に飲酒の可能性も?お酒を飲む量でも血圧が高めになりやすい?

飲酒は少量であれば、直接的に血圧の上昇には関与しませんが、習慣的に一定以上のお酒を飲んでいる場合、血圧が高い原因に飲酒が関与している可能性があります。

お酒を飲むと、一般的には血圧が低下します。これはアルコールが血管を拡張し血流を改善するためで、特に飲酒により顔が赤くなる人は顕著です。このほか、アルコールには血液の凝固を妨げる作用もあるため、血栓ができにくくなります。

但し、これらの作用はあくまでも適度に飲んだ場合の話で、過度の飲酒では話が違ってきます。過去の研究結果から、1日のアルコール摂取量が30ミリリットルを超える人は、血圧の上昇が見られています。

アルコール30ミリリットルとは、ビールで大瓶1本、日本酒では約1合に相当します。飲酒により昼間でも高い状態になるのは、習慣的に一定のお酒を飲むことで交感神経が刺激され、更に血管が収縮されることに原因があるとされています。また、お酒の量と上昇の度合いは比例するため、毎晩大量に飲む人ほどより高い状態が続くことになります。

これらのことから、晩酌の習慣がある人は一日に飲む量を減らしたり、休肝日を設けるなどして原因を取り除くことで、血圧が高い状態を回避することに繋がりやすくなります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 原因

血圧が高い原因には食事の塩分は関係ある?食生活の改善方法って?

血圧が高い原因の1つに、塩分の多い食事や不規則な食生活があげられます。元々、日本人が昔から食べている和食には塩分が高いものが多くあります。これは、食材を保存するために塩を利用してきた歴史と和食の調理法などが関係しています。

それから、日本人も濃い味付けを好む傾向があると言われており、東北などの寒冷地では特にその傾向が強いとされています。

ですから、普通の食事をしていても塩分は多く摂取してしまいがちです。それに加えて、カップラーメンなどのインスタント食品には食塩が多く含まれています。味付けの濃い食事は高い血圧の原因になりますので、インスタント食品ばかり食べているという食生活の人は注意が必要です。

また、野菜をほとんど食べないという食生活も、血圧が高くなる原因になってしまいます。野菜や果物に多く含まれているカリウムは、体内にある余分な塩分を腎臓から排出する働きをしてくれます。

腎臓の働きが低下してしまうと余分な塩分が腎臓に残るので血圧は高くなってしまうのですが、カリウムはそれを防いでくれます。カリウムはりんごやバナナといった果物に多く含まれています。また、ホウレン草やパセリ、納豆、ニラ、アボカドなどにも多く含まれています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 原因

血圧が高い時血圧を下げるには、生活習慣や食生活の見直しや断食は効果ある?

血圧の高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満というなら、生活習慣改善で下げることができますがそれには努力が必要です。

血圧の上がる原因に食塩の摂り過ぎが大きくかかわっているので、まずは塩分量の改善です。子供の頃からの食生活が直せない人が多いのですが、塩、醬油が好きな人は特に、塩分控え目の食事を心がけましょう。

次に、血圧の上昇の原因になりやすいのがストレスです。過労やストレスを感じた時に、血圧はを高い状態になりやすいので、注意が必要です。なるべくストレスを貯めないように、リラックスできるよう、趣味や旅行、カラオケなどあなたに合った方法でストレス解消することが大切です。

また、中高年になると身体に脂肪分が貯まりやすくなり、血圧に悪い影響が起こりやすくなってしまいます。さらに、メタボは禁物で、カロリーオーバーにならないよう、また栄養バランスに注意し、食生活改善と適度な運動の習慣化が必要になります。

食生活の改善ということで初心者の方には少し難しいかもしれませんが、 「断食」というのも適度に行うと血圧が高い時には効果的に血圧を下げることが期待できます。
断食をすると食物からのエネルギーを燃焼する力がなくなり、身体のメカニズムとして、老廃物を燃焼するということに結びつきます。そうすると体温は上昇し、血管が拡張します。血管が拡張すれば、血流が良くなり、血圧の数値も正常に近くなります。

メカニズムして断食は血圧を下げる効果があると言えますが、習慣として慣れていない方がやりすぎると、他の面で悪い影響が出ないとも限りません。はじめて断食にチャレンジしたいと思っている人はきちんと専門家に相談するなどして、健康に気を配って、十分注意してチャレンジしてみてくださいね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い時に血圧を下げる飲み物は?お茶やお酢のドリンクなども効果はある?

血圧が高い場合、下げる必要がありますが、お茶や酢といった飲み物でも下げることができます。

血圧は高くなってしまうと、血液がサラサラとした状態からどろどろとしたものになり、動脈硬化を引き起こす原因にもなりかねません。動脈硬化が起こると、突然死である心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまう危険性が増してしまいます。
血圧が高い時に下げる方法としては、食事療法や運動療法があります。この方法は、血圧がちょっと高いかな、という時にも行えるものです。

気軽にできるのは飲み物によって上昇を抑える方法です。
血圧を下げる飲み物には、お茶やお酢、野菜スープなどがあります。お茶といっても緑茶やほうじ茶、ウーロン茶など様々な種類がありますね。

血圧を下げるお茶は緑茶、麦茶、ウーロン茶、タンポポ茶があります。緑茶にはポリフェノールの一つであるカテキンが豊富に入っています。このカテキンは血液の中のコレステロール値を抑える働きがあるので、血管の状態が良くなります。

お酢は飲みにくいですが、血液中の脂肪分を減らす働きがあります。特に黒酢にはアミノ酸が多く含まれているので、その作用が高くなります。お酢にはリンゴ酢などフルーティーのものもあるので、お湯や水で割って飲むと良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い場合に良い、血圧を下げる成分はヨーグルトやチョコレートにも含まれてる?

血圧が高い場合、血圧を下げるにはどうしたら良いのか、どの成分が良いのかと悩まれるかと思います。
ヨーグルトやチョコレートなと、手軽に食べられるものに血圧に効果的な成分が含まれていると良いですよね。

血圧を下げる食べ物は、カリウムやポリフェノール、DHAやEPA、食物繊維、乳酸菌といった成分の入っているものがおすすめです。塩分の取りすぎは血圧を高い状態にしてしまうことが多いですが、カリウムを摂取することにより、余分な塩分を排出する作用が働き、血圧を安定させてくれます。

カリウムが含まれている食べ物には、バナナ、キウイフルーツ、いちご、みかん、さつまいも、じゃがいも、ほうれん草、ひじき、わかめなどがあります。お味噌や豆腐にも含まれていますが、味噌汁と飲む場合は、取りすぎに注意しましょう。

ポリフェノールは、抗酸化作用がある成分です。人の体は活性酵素によってさびていきますが、ポリフェノールを摂取すると、血圧を下げるのに、期待がもてます。ポリフェノールが含まれている食べ物には、いちご、ぶどう、みかん、りんご、チョコレート、ほうれん草などがあります。

この他、腸を整えてくれる食物繊維や乳酸菌も下げることができ、ヨーグルトや納豆に多く含まれています。
高いかな、と感じた時は、チョコレートを食べたり、ヨーグルトにいちごやみかん、リンゴなどを入れて食べたりすると良いですね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い時に食べ物で血圧を下げる食品や食材はある?血圧を下げるレシピって?

血圧が少し高い場合、食べ物によって下げることはできるか、下げる食品には何があるか、そのレシピにはなにがあるか気になりますね。

血圧が少し高い場合、下げる食べ物はカリウムやカルシウム、マグネシウムが含まれているものです。
カリウムは体の中の不必要な塩分を排出する働きがあります。食材には、アボカド、乾燥ヒジキ、長芋、バナナ、カボチャに多く含まれています。水に溶けだしてしまうこともあるので、レシピとしては野菜をたっぷり入れた野菜スープが良いですね。野菜スープは味付けをしないで多めに作っておくと、自分の好みに合わせて食べるときに味付けをすることができます。

カルシウムは骨や歯を丈夫にするだけでなく、ストレスをためにくくする効果があります。血圧はストレスによっても高くなるので意識をして摂ると良いでしょう。含まれている食べ物には、牛乳などの乳製品、小魚、大豆、緑黄色野菜に多く含まれています。レシピはコンソメと野菜、牛乳でチャウダーにすると栄養を摂取できます。

カリウム、カルシウム、マグネシウムの栄養がまんべんなく入っているのは大豆製品です。大豆製品は様々な食品が出ているので、毎日違った食品を食べることもできます。味噌にも含まれていますが、味噌には塩分が高い物もあるので、薄味を心がけるようにします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い場合、お酢は効果的?酢玉ねぎや酢しょうがにも効果はある?

お酢は塩分0gですので血圧の高い人の調味料にはお勧めです。
お酢に含まれる酢酸には血管を拡張させる作用があり、血圧を下げる効果が期待できます。

濃い口醤油の塩分は大さじ1杯で約2.6g、味噌は大さじ1杯で2.2gであることと比べると、大きな違いです。

また、しょうがも塩分が0gである上に、風味や辛みがあるので、調味料となります。
野菜炒めを大さじ2杯の醤油で味付けすれば塩分は5.2gとなりますが、お酢や酢しょうがで炒めれば、塩分0gでも美味しくいただけます。

サラダに酢玉ねぎを混ぜたり、ドレッシング代わりにお酢や酢しょうがをかけても、少ない塩分で美味しく頂けます。
酢しょうがにも、お酢が含まれているので、血圧を下げるのには効果的です。

そして玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールの1種がたくさん含まれています。
抗酸化作用や抗炎症作用があります。炎症で傷がついた血管に悪玉コレステロールが付着しやすくなるのを抑制してくれます。

しかし、血圧が高い原因は色々な要因がいくつも重なり合っていることが多いので、酢玉ねぎや酢しょうがを食べているから大丈夫、という訳にはいきません。

いくらこれらを食べていても、タバコを吸っていたり、タラコや佃煮やお漬物などの塩分の多い物ばかり食べていたのでは、血圧が高いままとなるでしょう。

万能ではないということを認識して、減塩を助けてくれるものとして使うと良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お酢