血圧が高い症状は食後に多いの?塩分を多くとってしまうと血圧が上がりやすい?

血圧が高めと言っても、高い方が130mmHg以上140mmHg未満であれば、それほど危険な症状ではないと言えます。でも正常値からやや高めなので、塩分控えめ、適度な運動、ストレス解消などの努力は必要です。

測定時期については、時間帯とか食前食後の関係ですが、病院がすすめるのは、起床してから少し時間が経過したときで朝の排尿などを済ませてからと、夜は食後2時間を経過したころとされています。夜の場合は食前がいいとする病院もあります。

実は血圧は一日中変動しており、時間帯や何かの動作によっては、通常値でないことがあるからです。

たとえば排便中や直後は、かなり高い数値になります。外出でかなりの歩数歩いて帰宅してすぐ測定すると、こちらは高い数値が出たり、逆に低い数値が出たりすることがあります。

ということで、ある程度落ち着いているときに測定しなければ、手当が必要な症状かどうか判定できないということになります。

食後は、身体に消化のためなどの負担がかかった後なので、避ける方がいいのです。2時間という目安がありますが、お酒が入ると血圧は一時的に下がるので、そのときは食前がいいでしょう。

塩分は控えないと症状はどんどん悪くなります。塩分を口に含んだ瞬間に上がるというわけではないのですが、血圧にとっては大敵です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が朝だけ高いのは朝が寒いから?血圧高めの人は朝風呂は危険ですか?

朝の冷え込みも、血圧が朝だけ高い人の悩みの一つといえます。高年齢や精神的ストレス、アルコールや体の状態、特徴なども朝だけ高くなることに関係があります。

人の体は寒いと感じると、体温を逃がさないように毛細血管を収縮させようとし、その結果血圧があがるのです。活動をするために、眠っている間の早朝から徐々に起きる時間に向かって低い血圧を高いものにしようとする仕組みが人間には備わっています。

そんなときに、冬に布団からでて寒いと感じるころには、すでにかなりの上昇がはじまっているのです。寝ている間の上昇が急激な特徴をもつ人も高い割合でいるといわれており、そんな人はさらに危険になります。

また、朝風呂は血圧をあげる一種の刺激になります。寒い冬の気温のせいで冷えた体全体が、一気に風呂の中の熱いお湯につかることになるので、体を暖かくしてくれる効果はありますが、急激に血圧をあげることにもなり、心臓に負担がかなりかかることになるのです。

人によっては、心臓発作を起こしてしまう場合もあるのでとても危険なのです。また、起床後は体が乾いた状態のため、そんな状態で風呂に入ると脱水症状もひきおこしかねません。特に寒い時期はお風呂は前日に入っておくことをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 朝

血圧が高い時間帯がある理由|血圧の値に差があるのはなぜ?

血圧は常に一定というわけではありません。食事や運動、ストレス、気温の変化など、様々な理由で血圧は変動します。

1日の中でも一定の変動パターンがあります。朝の時間帯は低く、徐々に上昇し始め、活動する日中は高い状態になります。そして夜の時間帯になるにつれて下降し、睡眠の時間帯はさらに下降します。

こうしたパターンを日内変動といいますが、日内変動が生じる理由は、自律神経の活動と関係があります。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、血圧は交感神経が活発になる日中に上昇し、副交感神経が活発になる夜間に下降するので、1日の中でも大きな差が生じるのです。

こうした1日の中で変動がある理由を十分に理解し、高いときと低いときの差を把握することが重要です。測定に関しても、高い時間帯に測定した日と低い時間帯に測定した日で差が生じることを理解しているかいないかで、受け止め方が大きく違ってきます。

理解していれば、低いはずの朝方、高くなっていた場合に、何か気を付けなければいけない状態であることがわかります。逆に日中に測定して、若干高くなっていても、それほど心配する必要はないことがわかるはずです。1日に2回測定して、自分の日内変動の中での平常値を把握することができれば、理想的です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

血圧が高い原因は男性と女性で違うの?男女血圧の差って?

現在の日本には血圧が高い人や高めの人が多く、男女差でいうと男性のほうに多いのが特徴です。このように差が出る理由は何でしょうか。

原因の1つにホルモンの作用があります。女性ホルモンには血圧の上昇を抑える働きがあるため、閉経前の女性は上がりにくくなっています。そのため閉経を迎える前までは男性の方が高めになるわけです。

その後閉経を迎えると男女差は縮まってきます。一方の男性ホルモンには、筋肉量とともに内臓脂肪を増やす働きがあります。

これも原因の1つになっています。内臓脂肪が多いとアディポサイトカインという物質が異常分泌を起こし、血圧が高い状態や血糖が高くなるような状態を作ります。また何より肥満自体が血圧が高くなる大きなリスクファクターとなるのです。

では女性が高くなる理由はなんでしょうか。こちらもホルモンの影響が考えられます。更年期になるとホルモンバランスの乱れることによっておこります。

上記のようにホルモンは血圧が高いことに影響を与えている一因となっています。

ですが他にも運動不足や偏った食生活による肥満、ストレスなどの生活習慣や遺伝的要因や腎機能障害といった他の疾患などによる影響などが原因となっていることも覚えていてください。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 原因

血圧が高い人や高めの人がお風呂でのぼせるのは血圧やカラダにも良くない?

お風呂でのぼせる原因は、温かいお湯につかると血管は拡張し血圧が下がります。血流が安定しリラックスできますが、お湯から上がると広がった血管内に一気に血液が流れはじめ脳や心臓に血液が不足します。

こうなると身体にめまいやたちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れのぼせという状態になります。またこれ以外にも血圧が高いとのぼせるのと同じ症状が現れることがあります。

健康診断で血圧が高いと診断された方には注意が必要です。お風呂に入ると血圧は下がるのですが、熱いお湯のショックで上昇することもあります。そしてさらにお湯から出て下がる、このような大きな血流の変動が身体にショックを与えます。

この時の症状がのぼせとして現れ、身体の中では脳出血や心筋梗塞を起こしている場合もあります。またのぼせるのは熱いお風呂に入った時に起こりやすいですが、ぬるま湯で起こる場合は危険です。

血管の収縮がうまくいかず動脈硬化などが進行していることもあります。このように血圧が高い人は特にお風呂に入る時は注意が必要です。のぼせるような熱いお湯は避け、入浴前にはあしから上半身にゆっくりかけ湯をしてから入る。

入浴も全身浸かっての長時間ではなく半身浴で身体があったまる程度で出るなどして急激な温度変化を防ぐ必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人は寝不足になると血圧が上昇しやすい?寝不足と血圧の関係って?

血圧が高い人は寝不足になると上昇しやすくなるのか、そして寝不足と血圧にはどのような関係があるのでしょうか。

まず寝不足だと血圧が上昇しやすくなると言うのは、極めてそうなる傾向が高いと言うことができます。これは寝不足、睡眠との関係を理解するとわかりやすいです。

人間の体には自律神経と言う神経があり、交感神経と副交感神経からなるこの神経は、人間の意思が及ばない部分の体の働きを担っています。ですから血圧も、この神経によって調整されていると理解できます。これが上昇する時と言うのは、交感神経が優位になっている時です。

交感神経は日中や興奮している時、またストレスを感じている時などに優位になります。そして時間の経過と共に、今度は副交感神経が優位になっていきます。それにより高い血圧も少しずつ下がっていって、やがて睡眠に導かれると言うのが自律神経の正常な働きです。

しかし寝不足が続いていると、夜になっても起きて、活動しているような状態だと、交感神経が優位になりっ放しの状態で、副交感神経によって下げられる時間が短くなってしまいます。そのため睡眠不足が高い状態の要因になり得ると言う具合です。

また眠れないことに対する精神的なストレスも関係があると言われており、これはストレスにより交感神経が優位になりやすいためです。

血圧が高めの場合、睡眠はしっかりと取ることをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い場合や高めの場合、運動や筋トレをするとどれくらいの負荷がかかる?

血圧が高い人が運動をするのは良いとされています。運動は血管を拡張し血流を良くするので、有酸素運動などの激しい運動をしたあとは一時的に血圧が上昇しますが、しばらく経てば血圧は下がると言われています。

血圧が高い人はなるべくウォーキングなどの有酸素運動をするように心がけましょう。ただし160を超えてしまうと負荷がかかるのでやめたほうがいいとも言われています。少し高い、130から140未満の人でなおかつ健常な人であれば続けていくうちに健康になっていくと考えられます。

ただし筋トレは負荷がかかりますので避けた方が無難です。筋トレは呼吸を止めて一気に力を入れるというやり方をしますので、血管にとても負荷がかかり、かえって危険とされています。

血圧が下がって落ち着いた状態であれば筋トレを始めても平気ですので、まずは正常値に戻すことを考えるほうがいいでしょう。そのため、何もしないというのも良くありませんので、筋トレではなく身近でできそうなウォーキングなど血管に負荷がかからないものから始めていくと良いです。

血液の流れが良くなれば代謝もあがり、中性脂肪やコレステロールも下がりますので、数値も正常になっていきます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い場合、運動不足が原因になることもある?運動が高めの血圧に与えるメカニズムって?

血圧が高い場合、運動不足が原因になっていることがあるかどうか、また運動が血圧に与えるメカニズムについては以下の通りです。まず血圧が高い要因としては様々なことが考えられます。

特定の疾病が原因のこともありますし、加齢が原因のこともあります。そしてそのひとつには生活習慣も含まれているので、運動不足が原因になることもあると言うことができます。

運動不足だけで高い状態になると言うのは考えにくいとされていますが、たとえば暴飲暴食に加えて運動をする習慣がないとなると、高い要因になり得ると言う具合です。

運動が血圧に与えるメカニズムですが、有酸素運動を行うと、酸素により血管が拡張されます。その結果、血管に対する血流の圧力を下げることができます。また交感神経の働きも抑制されるので、やはり血管に対する血流の圧力は低下していきます。

開始直後は高くなっていくけれど、続けていく内にこれらの作用によって下がっていくと言うメカニズムが期待できます。ただし息を止めて行うような、瞬発的な力を必要とする無酸素運動の場合は、逆に瞬間的に、一気に高い状態に導くと言われています。

ですから血圧のことを考えるのであれば、有酸素の方を行うことが望ましいです。ウォーキングやサイクリング、水泳などがこれに該当しています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすい?睡眠と血圧の関係って?

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすいかどうか、睡眠と血圧の関係については次の通りです。まず結論から言うと、寝不足が続いていると高い症状は起こりやすいと言うことができます。

この症状と血圧の関係には、自律神経が深く関係しています。自律神経とは人間の意思が及ばない部分の体の働きを調整している神経のことです。この内、日中や興奮している時に優位になる交感神経には、血管を収縮させる作用があり、血流からの圧力を高い状態に導く作用があります。

逆に夜間や睡眠時に優位になる副交感神経には、血圧を下げ、安定させる作用があります。寝不足が続くと、体が休まる時間が短くなってしまうため、交感神経が優位な状態が続きやすくなります。その結果、血圧が高い状態になりやすくなると言うことです。

それからもうひとつ、睡眠には心身を休める作用があります。そのため睡眠不足になると、たとえば血管の修復が不十分になり、血流からの圧力を高く受けやすい状態になりやすくなってしまうと言うことができます。

またストレスも緩和されないため、それによる交感神経の優位によっても同様のことが起こりやすくなると言う具合です。寝不足であると言う状態に対する精神的なストレスに関しても同様です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い時間帯とそうでない時の血圧の変化ってどんなもの?その理由は?

血圧は1日中安定しているわけではありません。時間帯によって、高い時や低い時など、常に変化しています。高い時間帯は、朝目覚めてからスタートします。

起床してから活動を始めてから徐々に血圧は上がります。ちょっとしたストレスや緊張を感じたり、激しい活動(早足で歩く、走る、思い荷物を運ぶなど)や喫煙などでも、高くなってしまいやすいです。

このよう時には、一時的に1日の最高値となることがあります。逆に、リラックスした状況が続くと、その状態の時間帯には低く変化します。これ以外で低く変化する時間帯は、睡眠中です。血圧の上下には交感神経が関係しています。

睡眠中は副交感神経の働きで血圧を下げます。その下がり方は、就寝後緩やかなカーブを描くように下がっていきます。この、交感神経と副交感神経の働きによって、変化するのです。起床後は交感神経の働きで血圧が高い状態になります。

その上がり方は、目が覚める少し前から上昇し始めていき、起床時には、すでに上がっている状態で目が覚めます。日常的に急激に上昇することが多いと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性があります。胸の動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったら、横になり休んだり、ゆっくり深呼吸をすることにより、症状を一時的に改善することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯