血圧が高い時アルコールとタバコを摂取し続けるとどうなる?高めの血圧に与えるメカニズムって?

血圧の高い人にとってアルコ-ルとタバコのが血圧に影響するメカニズムを知ることは、自分の健康を守るためにとても大切なことです。

まずアルコールですが、少量ならば却って血行を良くしたり、善玉コレステロ-ルを増加させるというメリットがあることで知られています。

では、少量とはどのくらいの量なのでしょう。大体ビ-ルだったら中ジョッキ1杯、日本酒なら1合、ワインならば2杯程度と覚えておいてください。それ以上飲んでしまうと、アルコールは血管の収縮作用が強くするメカニズムがあるため飲酒によって一時的に広がった血管によって下がった血圧が一気に上昇してしまう恐れがあるので気をつけてください。

タバコについては完全にバツです。ニコチンのメカニズムにはホルモンを刺激する作用があるので、タバコは血圧上昇につながってしまいます。そのうえニコチンは血管を傷つけるリスクもありますし、血栓の原因にもなります。ただでさえ高い血圧なのに喫煙をしてしまったら、余計に上がってしまいますよね。

なので、血圧が高い人は少々のアルコールはOKですが.タバコには手を出さない方が良いでしょう。自分の食生活を今一度チェックして、健康的な生活を送りましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール