血圧が高い症状は過呼吸が原因の場合もある?過呼吸になってしまう理由って?

過呼吸が原因で血圧が高くなってしまうことは、十分に考えられます。
一時的に血圧が高くなってしまうので、心臓に与える影響が大きいので、注意が必要です。

そもそも、過呼吸の症状というのはどのようなものなんでしょうか?
呼吸が浅くなり、酸素を吸おうとして吸い過ぎてしまい、血中の二酸化炭素が少なくなってしまう症状のことなのですが、過呼吸を起こしてしまう原因に、現代病であるストレスが大きく関わっていると言われています。

過呼吸になってしまった場合の対処法としては、息を吸うのではなく、ゆっくりと息を吐き出すことに集中します。
呼吸のリズムを整えられるように背中をゆっくりとさすってあげるのも良いでしょう。

血圧が高い人は特に、過呼吸になってしまわないように、ストレスを貯めないことが重要ですね。

ストレッチやマッサージをするなど、あなたに合ったリラックス方法を習慣として取り入れるようにしてみましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状