血圧が高い人は睡眠中も血圧は高め?睡眠中に血圧の変化はあるの?

睡眠中、血圧がどのくらい変化するのか、そもそも高い人は睡眠しても高いままなのか気になりますね。

血圧は本来、ちょっとしたことで高い状態になったり、低い状態になったりと変化をしています。自律神経である副交感神経と交感神経が、どちらが優位になっているかで、変化をしているのです。そのためストレスや睡眠不足でも高くなってしまいます。

睡眠中はリラックスし、副交感神経が優位に働いているので、血圧は低くなります。朝起きるころになると再び上昇をし始め、起きるときは、高くなっていることが多いです。

ですが、睡眠中であってもなかなか下がらず、むしろ高い状態になってしまうこともあります。睡眠時無呼吸症候群の場合、睡眠をしっかりとっていても、血液の流れが増加していることが多く、交感神経の方が優位になっている可能性があります。寝たのに寝た気持ちがしない場合は、血圧も高いままになっている可能性があるので、睡眠時無呼吸症候群でないかを確認すると良いでしょう。

また、寝ている間は変化がないのに、起きるころになると急激に高くなってしまうことがあります。この場合、高齢者や血液中の血糖値やコレステロール値が多いほど、起きやすくなっています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠