血圧が高い人や高めの人の場合お風呂上がりの急な温度変化は血圧にどんな影響があるの?

お風呂上がりに急に寒い場所へ移動すると、体温を保持するよう体内の毛細血管が収縮し血圧が上昇するため、標準より若干高い人はより影響を受けやすくなり注意が必要です。

一般的に、入浴の際には状況に応じて血圧に変化が見られます。熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されることで一時的に上昇し、浴槽の中に体全体を沈み込ませるような入り方では更に上昇が見られます。このため、健康を考えるとお風呂の温度はあまり高くしない方が賢明です。

問題のお風呂上がりですが、温かいお風呂に浸かることで徐々に体が温まると体内の毛細血管が拡張し血流が良くなるため、血圧もそれに従い下降します。お湯から上がり水圧の影響を受けなくなると、更に下降することになります。

そのまま室温の高い脱衣場で着替えるぶんには問題ありませんが、寒い脱衣場で着替えをした場合は、温まった体が冷えてきます。人間の体は体温の調節を目的として毛細血管を収縮させ体温の維持に努めますが、一時的に血管が収縮することで血流が悪くなり、血圧は急激に上昇することになります。

このため、普通の人より血圧が高い人はお風呂に入る時だけでなく、お湯から上がる時も影響を受けやすいため注意する必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂