血圧が高い時に漢方薬の他にも漢方茶は有効?普通のお茶とは違うの?

若い世代に増えている血圧の高い人は、食事や普段の生活と深い関係があります。忙しい日常は外食が増えて、野菜不足や塩分、睡眠不足など気になる問題がたくさんあります。

血液を運ぶ動脈が汚れ流れが悪くなると、心臓に負担をかけ末端の血管まで血液を流そうとします。その結果血圧の高い状態になり、そのまま放置していると動脈硬化や糖尿病さらには脳卒中、心筋梗塞などの心配があります。そのため漢方薬の穏やかな改善効果が、根本的な原因を治し高い状態になりにくい体質にしていきます。

数値の軽い血圧や遺伝的になりやすい方は、漢方薬よりも漢方茶を毎日飲む習慣がおすすめです。漢方薬の成分をもとにした漢方茶は、長期服用で血圧の上がりにくい体質やそれぞれの漢方茶によって得られる働きが違います。その代表的な漢方茶を紹介します。

【杜仲茶】
杜仲茶に含まれるゲニポシト酸は副交感神経に作用して血圧を下げる働きがあります。同時にこのお茶は血栓を溶かす効果が見逃せません。

【ドクダミ茶】
ドクダミの葉には身体の中の余分な塩分を排泄してカリウムを多く含んでいます。血液環境に良い営業日をもたらします。

【柿の葉茶】
このお茶はルチン、タンニンなど降下作用のある物質を多く含んでいます。
コンビニなどのお茶では、緑茶がカテキン、GABAなどを含み改善効果があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬