血圧が高い時の睡眠で、睡眠時の無呼吸は血圧にどのような影響が起こるの?

基本的に血圧の高いことと眠れないということはあまり関係ありません。
基本的に、朝、血圧が低いと質の良い睡眠が取れていると考えられます。質とは、すぐ眠れるか、ぐっすり睡眠をとれているか、頻回に覚醒するか、朝どれだけ早く目が開くかなどで評価することができます。

朝血圧が高いという方の原因は、睡眠時に無呼吸状態になっている方がなる可能性があります。睡眠時に無呼吸の状態だと、質の高い睡眠をとることができません。それは、メラトニンなどの物質が低下することによって、交感神経が亢進し、血管が痙攣することで、心拍出量も大きくなることが要因となります。

さらに、それとともに塩分を排出する力が抑制してしまうため、塩分が排出しにくいため、血圧が高くなりやすいです。更に肥満なども悪化する因子となるため、さらに悪化させてしまいます。

睡眠時に無呼吸が発生すると、そのたびに苦しくて脳が覚醒してしまうことで交感神経が興奮し、無呼吸を繰り返すことによって、その状態が日中まで引きずられて、一日中血圧が高い状態に陥っているという人もおり、さらに、心臓にも一層負担がかかってしまいまい、心臓病や脳血管障害なども引き起こす可能性があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠