血圧が高い原因は20代、30代、40代、50代によって違う?若い人の血圧が高めの原因は?

現代では、成人病などの病気で悩む方が増えてきていることが問題視されてきています。また、30代や40代をはじめとする若い方が血圧が高いことに悩みを抱えているという方も少なくありません。

その原因には、様々なことが考えられます。30代や40代の方は、責任のある仕事が増えてくるようになり、多忙になっていることが多いです。

また、家庭を持っていて、家庭と仕事のバランスを取ることが難しいと悩む方もいます。血圧が高い原因の第一としては、ストレスが考えられます。また、一人暮らしなどをしている若い方は食生活が乱れがちです。

糖分や塩分を摂取し過ぎている場合があります。そして、30代や40代になるとストレスをビールなどのアルコールで発散しようとする方も多いです。飲み物や食べ物で摂取しているカロリーや糖分、塩分なども血圧が高くなってしまう原因になります。年齢が若いといっても、健康に気をつけた生活をすることが大切です。

血圧が高い状態が続いてしまうと、身体にも負担をかけてしまいます。そのため、自分の体調をきちんと把握して、管理することが重要になります。年齢に関係なく、ストレスを軽減し、バランスの取れた食生活をすることが大事です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 原因