血圧が高い時間帯とそうでない時の血圧の変化ってどんなもの?その理由は?

血圧は1日中安定しているわけではありません。時間帯によって、高い時や低い時など、常に変化しています。高い時間帯は、朝目覚めてからスタートします。

起床してから活動を始めてから徐々に血圧は上がります。ちょっとしたストレスや緊張を感じたり、激しい活動(早足で歩く、走る、思い荷物を運ぶなど)や喫煙などでも、高くなってしまいやすいです。

このよう時には、一時的に1日の最高値となることがあります。逆に、リラックスした状況が続くと、その状態の時間帯には低く変化します。これ以外で低く変化する時間帯は、睡眠中です。血圧の上下には交感神経が関係しています。

睡眠中は副交感神経の働きで血圧を下げます。その下がり方は、就寝後緩やかなカーブを描くように下がっていきます。この、交感神経と副交感神経の働きによって、変化するのです。起床後は交感神経の働きで血圧が高い状態になります。

その上がり方は、目が覚める少し前から上昇し始めていき、起床時には、すでに上がっている状態で目が覚めます。日常的に急激に上昇することが多いと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性があります。胸の動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったら、横になり休んだり、ゆっくり深呼吸をすることにより、症状を一時的に改善することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯