血圧が高い人は寝不足になると血圧が上昇しやすい?寝不足と血圧の関係って?

血圧が高い人は寝不足になると上昇しやすくなるのか、そして寝不足と血圧にはどのような関係があるのでしょうか。

まず寝不足だと血圧が上昇しやすくなると言うのは、極めてそうなる傾向が高いと言うことができます。これは寝不足、睡眠との関係を理解するとわかりやすいです。

人間の体には自律神経と言う神経があり、交感神経と副交感神経からなるこの神経は、人間の意思が及ばない部分の体の働きを担っています。ですから血圧も、この神経によって調整されていると理解できます。これが上昇する時と言うのは、交感神経が優位になっている時です。

交感神経は日中や興奮している時、またストレスを感じている時などに優位になります。そして時間の経過と共に、今度は副交感神経が優位になっていきます。それにより高い血圧も少しずつ下がっていって、やがて睡眠に導かれると言うのが自律神経の正常な働きです。

しかし寝不足が続いていると、夜になっても起きて、活動しているような状態だと、交感神経が優位になりっ放しの状態で、副交感神経によって下げられる時間が短くなってしまいます。そのため睡眠不足が高い状態の要因になり得ると言う具合です。

また眠れないことに対する精神的なストレスも関係があると言われており、これはストレスにより交感神経が優位になりやすいためです。

血圧が高めの場合、睡眠はしっかりと取ることをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足