血圧が高い人や高めの人がお風呂でのぼせるのは血圧やカラダにも良くない?

お風呂でのぼせる原因は、温かいお湯につかると血管は拡張し血圧が下がります。血流が安定しリラックスできますが、お湯から上がると広がった血管内に一気に血液が流れはじめ脳や心臓に血液が不足します。

こうなると身体にめまいやたちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れのぼせという状態になります。またこれ以外にも血圧が高いとのぼせるのと同じ症状が現れることがあります。

健康診断で血圧が高いと診断された方には注意が必要です。お風呂に入ると血圧は下がるのですが、熱いお湯のショックで上昇することもあります。そしてさらにお湯から出て下がる、このような大きな血流の変動が身体にショックを与えます。

この時の症状がのぼせとして現れ、身体の中では脳出血や心筋梗塞を起こしている場合もあります。またのぼせるのは熱いお風呂に入った時に起こりやすいですが、ぬるま湯で起こる場合は危険です。

血管の収縮がうまくいかず動脈硬化などが進行していることもあります。このように血圧が高い人は特にお風呂に入る時は注意が必要です。のぼせるような熱いお湯は避け、入浴前にはあしから上半身にゆっくりかけ湯をしてから入る。

入浴も全身浸かっての長時間ではなく半身浴で身体があったまる程度で出るなどして急激な温度変化を防ぐ必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂