血圧が朝だけ高いのは朝が寒いから?血圧高めの人は朝風呂は危険ですか?

朝の冷え込みも、血圧が朝だけ高い人の悩みの一つといえます。高年齢や精神的ストレス、アルコールや体の状態、特徴なども朝だけ高くなることに関係があります。

人の体は寒いと感じると、体温を逃がさないように毛細血管を収縮させようとし、その結果血圧があがるのです。活動をするために、眠っている間の早朝から徐々に起きる時間に向かって低い血圧を高いものにしようとする仕組みが人間には備わっています。

そんなときに、冬に布団からでて寒いと感じるころには、すでにかなりの上昇がはじまっているのです。寝ている間の上昇が急激な特徴をもつ人も高い割合でいるといわれており、そんな人はさらに危険になります。

また、朝風呂は血圧をあげる一種の刺激になります。寒い冬の気温のせいで冷えた体全体が、一気に風呂の中の熱いお湯につかることになるので、体を暖かくしてくれる効果はありますが、急激に血圧をあげることにもなり、心臓に負担がかなりかかることになるのです。

人によっては、心臓発作を起こしてしまう場合もあるのでとても危険なのです。また、起床後は体が乾いた状態のため、そんな状態で風呂に入ると脱水症状もひきおこしかねません。特に寒い時期はお風呂は前日に入っておくことをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 朝