血圧が高い症状は食後に多いの?塩分を多くとってしまうと血圧が上がりやすい?

血圧が高めと言っても、高い方が130mmHg以上140mmHg未満であれば、それほど危険な症状ではないと言えます。でも正常値からやや高めなので、塩分控えめ、適度な運動、ストレス解消などの努力は必要です。

測定時期については、時間帯とか食前食後の関係ですが、病院がすすめるのは、起床してから少し時間が経過したときで朝の排尿などを済ませてからと、夜は食後2時間を経過したころとされています。夜の場合は食前がいいとする病院もあります。

実は血圧は一日中変動しており、時間帯や何かの動作によっては、通常値でないことがあるからです。

たとえば排便中や直後は、かなり高い数値になります。外出でかなりの歩数歩いて帰宅してすぐ測定すると、こちらは高い数値が出たり、逆に低い数値が出たりすることがあります。

ということで、ある程度落ち着いているときに測定しなければ、手当が必要な症状かどうか判定できないということになります。

食後は、身体に消化のためなどの負担がかかった後なので、避ける方がいいのです。2時間という目安がありますが、お酒が入ると血圧は一時的に下がるので、そのときは食前がいいでしょう。

塩分は控えないと症状はどんどん悪くなります。塩分を口に含んだ瞬間に上がるというわけではないのですが、血圧にとっては大敵です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状