血圧が高い人や高めの人の場合お風呂上がりの急な温度変化は血圧にどんな影響があるの?

お風呂上がりに急に寒い場所へ移動すると、体温を保持するよう体内の毛細血管が収縮し血圧が上昇するため、標準より若干高い人はより影響を受けやすくなり注意が必要です。

一般的に、入浴の際には状況に応じて血圧に変化が見られます。熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されることで一時的に上昇し、浴槽の中に体全体を沈み込ませるような入り方では更に上昇が見られます。このため、健康を考えるとお風呂の温度はあまり高くしない方が賢明です。

問題のお風呂上がりですが、温かいお風呂に浸かることで徐々に体が温まると体内の毛細血管が拡張し血流が良くなるため、血圧もそれに従い下降します。お湯から上がり水圧の影響を受けなくなると、更に下降することになります。

そのまま室温の高い脱衣場で着替えるぶんには問題ありませんが、寒い脱衣場で着替えをした場合は、温まった体が冷えてきます。人間の体は体温の調節を目的として毛細血管を収縮させ体温の維持に努めますが、一時的に血管が収縮することで血流が悪くなり、血圧は急激に上昇することになります。

このため、普通の人より血圧が高い人はお風呂に入る時だけでなく、お湯から上がる時も影響を受けやすいため注意する必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人や高めの人の中には「寝不足の症状が続く」という人は多い?

寝不足が何日も連続すると人間の体は、学習能力があるのでその状態に適応してしまいます。活動している時は血圧は高い症状を保ちます。より寝不足の症状があると血圧は高い症状を継続します。

寝不足にならない睡眠時間は、7時間が理想的です。寝不足が続くと血管抵抗が高いという状態になりますが、メカニズム及び理論的には分かっていませんが寝不足と血圧の間には相対的に密接な関係があります。

ぐっすり眠れるからと寝る前のお酒を好まれる方が、居ますが睡眠の質を下げてしまいますので好ましくありません。人間は昼、働いている間は血圧が高くなっていますが眠る事によって自然に自律神経の副交感神経の働きにより正常になるのです。

ですから睡眠が足りないと正常にならず高いままでいるという事になります。これは好ましい事ではありません。それではじっとして寝ている時のようにすれば良いかというとそれも全くの間違いで動くと血圧が上がらなかったり上がりすぎたりします。

運動を定期的にするとかジョギングをするとかストレスをかけないなどが健康に役立ちます。老人施設などでは、落語家や芸能人を招いて笑うことを奨励したりしております。これなどもストレス解消にやくだっています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い人や高めの人の寝不足はカラダにどのような影響があるの?

血圧が高い場合、寝不足が影響していることがあります。
睡眠はストレスを解消するのに最適な方法として知られており、寝不足の状態が続くと、イライラしたり物事をじっくりと考えることが難しくなったりします。これは寝不足によって自律神経が乱れていることが原因となっています。

自律神経は自分でコントロールすることができない神経で、交感神経と副交感神経からなっています。副交感神経が優位の時は体もリラックスしているので、血圧は低くなり、交感神経が優位の場合は、高い状態になっています。

夜になると血圧は低くなっていきますが、寝不足の状態が長く続いていると、メラトニンと呼ばれる物質が分泌されなくなり、夜になっても血圧が高い状態が続いてしまうのです。高い状態が続くと、血管に負担をかけている時間が増えるので、血管の状態も悪くなっていきます。

睡眠不足は多くの方が抱えていますが、健康に大きく影響を及ぼすのです。血圧に影響を及ぼさないためには、睡眠の質に注目するようにしましょう。就寝する1時間前には入浴をすませ、ゆっくりとする時間を作ることで、ストレスは解消されていきます。パソコンやスマートフォンの光は睡眠にも影響するので、見ないようにしましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い場合、寝不足を解消すれば血圧を下げる効果はある?寝る前のマッサージは有効?

血圧が高い場合、寝不足を解消することで血圧を下げることが期待できる上、安眠のために寝る前のマッサージは非常に効果的です。

睡眠をあまりとらない人は交感神経が活発的になり、アドレナリンを分泌します。すると人の体は興奮・緊張状態となり更に寝不足になってしまう上に、このアドレナリンが分泌されることで循環器系に大きな負担がかかります。

血圧が高いということはそれだけ血管にダメージを与えてしまうため、動脈硬化などの他の病気にもかかる可能性が高いとも言えるのです。

自分の力で血圧を下げたいのであれば、まずは寝不足を解消することが大切です。
脳が興奮状態になっていたり、精神的ストレスを抱えていると寝不足になりやすくなってしまいます。まずはリラックスすることが解消の第一歩です。

入浴時や就寝前に体をマッサージすることで体中の血流がよくなります。また精神的にもリラックスするため自然と眠くなりやすくなりますし、マッサージ屋でマッサージをしてもらうと眠くなるのは体も心もリラックスしているからです。

あまり一生懸命マッサージをすると逆に疲れてしまうため、軽くリラックスできる程度にしましょう。それを日常的に続けることで自然と寝不足も解消されます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が睡眠明けの朝だけ高いという人や夜間に高めになりやすい人がいるのはなぜ?原因は?

血圧が高い人の中には、仮面性というタイプの人がいます。

これは、病院やクリニックなどで血圧を測った時は基準値内なのに、早朝や夜間寝ている間は高い状態であるために、医療機関では異常を拾いにくいタイプです。医師や看護師の前では優等生の仮面をつけている、と言うことで仮面性と呼ばれています。

夜間に高くなりやすい人は、慢性腎臓病のある人、糖尿病や心不全のある人、睡眠時無呼吸症候群のある人などが原因としてあげられます。夜間に高くなるタイプを見抜くには、医療機関で24時間血圧測定をしてもらうことをお勧めします。

これとは逆に、早朝が高い人もいます。
冬は寒さが原因となって早朝に高くとなっているケースや、寒さに敏感で高い状態になる人もいます。

早朝に高くなりやすい人は、睡眠時間が短い人、睡眠の質が良くない人があげられます。
また、過度の飲酒や喫煙も原因としてあげられます。

ビールならロング缶1本、日本酒なら1合までが1日の適量です。
タバコは1本吸うと10mmHgくらい血圧をあげます。禁煙することを強くお勧めします。

血圧が高い状態を放置すると、脳梗塞や心筋梗塞、慢性腎臓病などを引き起こすリスクが高くなります。きちんと医療機関で治療や指導を受けましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠

血圧が高い人は睡眠中も血圧は高め?睡眠中に血圧の変化はあるの?

睡眠中、血圧がどのくらい変化するのか、そもそも高い人は睡眠しても高いままなのか気になりますね。

血圧は本来、ちょっとしたことで高い状態になったり、低い状態になったりと変化をしています。自律神経である副交感神経と交感神経が、どちらが優位になっているかで、変化をしているのです。そのためストレスや睡眠不足でも高くなってしまいます。

睡眠中はリラックスし、副交感神経が優位に働いているので、血圧は低くなります。朝起きるころになると再び上昇をし始め、起きるときは、高くなっていることが多いです。

ですが、睡眠中であってもなかなか下がらず、むしろ高い状態になってしまうこともあります。睡眠時無呼吸症候群の場合、睡眠をしっかりとっていても、血液の流れが増加していることが多く、交感神経の方が優位になっている可能性があります。寝たのに寝た気持ちがしない場合は、血圧も高いままになっている可能性があるので、睡眠時無呼吸症候群でないかを確認すると良いでしょう。

また、寝ている間は変化がないのに、起きるころになると急激に高くなってしまうことがあります。この場合、高齢者や血液中の血糖値やコレステロール値が多いほど、起きやすくなっています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠

血圧が高い場合、運動すると運動の前後で血圧はどのように変化するの?

血圧が高い場合、運動するとその前後でどのように変化するかですが、これはどのような運動をするかにもよりますが、一般的には体を動かしている途中は血圧はさらに上昇します。

体を動かす、筋肉を動かすためには十分な栄養や酸素が必要で、それを送り込むためには高い血圧が必要とされるためです。ですから、もともと高い人が運動をするときには前後の変化に気をつける必要があります。

始める前に医師などと相談することが必要でしょう。体を動かすのは健康によいからなどと軽い気持ちで考えて開始すると、大きな上昇を引き起こして思わぬ事故につながる可能性さえあるからです。

ところが、運動をした後は、一般的には始める前よりも血圧は下がることが多いです。これにはいくつか理由が考えられますが、一つは体を動かすことそのものにより筋肉の緊張感がほぐれることです。これにより下がることが考えられます。

もう一つは、精神的にもリラックスできることです。精神的にリラックスすることで副交感神経優位の状態が作り出され、血管平滑筋が弛緩することにより始める前よりも血圧が下がることが考えられるのです。運動の前後では一般的にこのような変化を見せることが多いです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い高齢者が運動をすると若い人と比べて血圧が高めになるリスクは上がるの?

血圧が高い人に適切な運動療法を行なうと血圧は下がることがわかっています。運動療法を始めてからおよそ3ヶ月〜6ヶ月で効果が出ると言われています。

運動方法でおすすめなのが中等度の有酸素運動が良いと言われています。一般的に言われている筋トレも大事ですが、血圧のコントロールのためには有酸素が効果的です。

心拍数や自覚的運動強度から決定します。心拍数の場合、カルボーネン法と言われる推定式を用いて運動強度を決定します。目標心拍数=(220-年齢-安静時心拍数)×強度+安静時心拍数で求めることができ、強度は50~70%が良いとされているため、0.5~0.7を代入して計算します。一方自覚的強度では自覚的に「ややきつい」と感じる程度で強度を決定します。1回の時間は20分以上、頻度は週に3回以上が推奨されています。

若い人と比べると高齢者においては、いろんなご病気も生じてくるのでリスクは高いですが、基本的には過剰な強度でなければ問題はありません。ただし、リスクを考慮すると高齢者の場合は低強度から始め、徐々に強度を上げていくのが良いでしょう。

血圧が高いからといって決して活動を制限する必要はありませんが、高すぎる場合にはリスクが伴うので、特に高齢者の場合は他の病気も関わってきますので医師に相談してから行なう方が良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い時に運動することによって、脈拍や心拍数が上がると血圧にも影響はある?

血圧が高い低いに関係無く、運動することにより筋肉や皮膚への血流量が増加すると共に、脈拍や心拍数が上昇するため血圧は上がることになりますが、極端に高くない限り運動は良い効果をもたらします。

運動を始めると交感神経が優位となり、内臓に集中していた血流は筋肉や皮膚へ優先的に配分されるため、体全体に血液を巡らせる必要が生じることから心拍数や脈拍が上がることになります。運動が終わった後は、徐々に脈拍や心拍数が減少すると同時に血流も減少します。

体を動かすと交感神経を刺激するホルモンを消費するため、体を動かした後は副交感神経が一時的に優位となり血圧の高い状態を抑制します。この効果は数日で無くなりますが、定期的に体を動かすことで血流を安定させることができます。

但し、トレーニングの種類によっては急激に血圧が上がる危険があるため、極端に高い人はもちろんのこと、若干高めの人も体に合った方法を取り入れる必要があります。

最も効果的なのが、ウォーキングなどの負荷の軽い有酸素運動です。短距離走や筋肉トレーニングなどは、一時的に血圧が急上昇する一方、ウォーキングのように負荷の軽いトレーニングはあまり急激な変化は見られないため、定期的に実施することで体に負担を掛けることなく健康を維持することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い症状がある場合、冬場の入浴は注意が必要?寒さと血圧の上昇の関係は?

血圧が高い症状がある人は、冬場の入浴は危険が伴う場合があるので、寒さ対策が必要です。血圧の高い低いなどの症状は、血管の収縮によって決まります。急に寒くなると身震いがしますが、血管もそのように収縮し、その結果血圧が上昇します。

その温度変化が激しければ激しいほど急な上昇が起こり、時には脳や心臓へまで影響をするのでとても危険です。冬の間は、風呂場は温かく、また入浴後は体も十分に温まっています。

しかし、それに比べて脱衣所は寒い場合が多く、その急な温度の変化で血圧が高くなってしまうのです。その対策としては、温度差を少なくするということです。例えば脱衣所に簡易のヒーターを置き、寒さを和らげるために温めておきます。

または、入浴後に脱衣所に移動せず、風呂場の温かいところで体を拭き、パジャマやバスローブを着てしまいます。
その他にも、日常生活の少しの工夫で血圧が高い症状にならないようにすることができます。

よく言われていることですが、食事は塩分を控えめにします。外食が多い人は、サラダのドレッシングの量を少なくしたり、ラーメンやうどんのスープを全部飲み干さないなど気を付けることができます。冬は寒さが身に染みるので、ついつい運動量が減ってしまいますが、日頃からの適度な運動は重要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状