血圧が高い時に飲むと良いお茶はネット通販や楽天やamazonでも買える?

血圧が高い時に飲むと良いとされているお茶はamazonや楽天などの通販サイトで簡単に誰でも購入することが可能です。

amazonや楽天で購入できる血圧が高い時に飲むと良いとされているお茶を選びたいと思った時におすすめの一つには「トクホ」と呼ばれる「特定保健用食品」がおすすめです。

特定保健用食品は体に血圧の上昇をゆるやかにしたり血中のコレステロールなどを正常に保つなどの効果を消費者庁長官が認めた商品のため安心して飲むことができます。

amazonや楽天で特定保健用食品のお茶を通販したい場合には「トクホ・血圧・お茶」などの検索ワードから見つけることができます。

血圧が高い方向けのものには胡麻やお酢、イチョウの葉など様々な有効成分が入った商品が販売されているのでお目当てのものがあった場合には検索ワードを追加して検索をかけると絞り込みをおこなうことができます。

通販を行う場合には通販サイトによっては配送料がかかることもあるので注意が必要です。

お店で購入する場合とは異なり実際に商品を見て購入することはできませんので、購入したい商品がどんなものかよく調べてから購入すると失敗を減らすことができますので参考にしてみて下さい。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い人や高めの人に人気のお茶は何?口コミや評判って?

血圧が高い人に人気のお茶は、市販のものの中ではやはり、脂肪の分解を助けてくれるような効果があるトクホの商品でしょう。ヘルシア緑茶や黒ウーロン茶などは、食後の血糖値の上昇を防ぎ、血液をさらさらにしてくれるということで有名ですね。血液がキレイになることで、血流が良くなりますので、血圧も低くなるのです。

また、通販などで購入できるお茶の中で人気の商品には、はなまる健康茶、ゴマペプ茶、博多三十茶などがあります。これらの評判になっている人気のお茶の口コミを見ると、高い血圧が改善されたといった報告だけでなく、肌がきれいになった、ダイエット効果があったなど、その他の嬉しい効能でも評判になっていました。

血圧が高い場合に飲むお茶について、口コミや評判を調べることで、安心して効果の高い商品を購入出来ますので、とても便利ですね。お茶は毎日飲むものですので、効果だけではなく、もちろん味も重要です。数多くある健康茶の中で、いったいどれが美味しいのかについても、口コミで調査してみると良いでしょう。

10種類が配合されているブレンド茶は、美味しいと評判になっているものが多いようですので、是非とも参考にしてみてください。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時に漢方薬の他にも漢方茶は有効?普通のお茶とは違うの?

若い世代に増えている血圧の高い人は、食事や普段の生活と深い関係があります。忙しい日常は外食が増えて、野菜不足や塩分、睡眠不足など気になる問題がたくさんあります。

血液を運ぶ動脈が汚れ流れが悪くなると、心臓に負担をかけ末端の血管まで血液を流そうとします。その結果血圧の高い状態になり、そのまま放置していると動脈硬化や糖尿病さらには脳卒中、心筋梗塞などの心配があります。そのため漢方薬の穏やかな改善効果が、根本的な原因を治し高い状態になりにくい体質にしていきます。

数値の軽い血圧や遺伝的になりやすい方は、漢方薬よりも漢方茶を毎日飲む習慣がおすすめです。漢方薬の成分をもとにした漢方茶は、長期服用で血圧の上がりにくい体質やそれぞれの漢方茶によって得られる働きが違います。その代表的な漢方茶を紹介します。

【杜仲茶】
杜仲茶に含まれるゲニポシト酸は副交感神経に作用して血圧を下げる働きがあります。同時にこのお茶は血栓を溶かす効果が見逃せません。

【ドクダミ茶】
ドクダミの葉には身体の中の余分な塩分を排泄してカリウムを多く含んでいます。血液環境に良い営業日をもたらします。

【柿の葉茶】
このお茶はルチン、タンニンなど降下作用のある物質を多く含んでいます。
コンビニなどのお茶では、緑茶がカテキン、GABAなどを含み改善効果があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 漢方薬

血圧が高い時に飲むお茶でペットボトルで手軽に飲めるものやティーバッグタイプのものはある?

「お茶には血圧を下げる効果がある」というのは有名ですが、中でも血圧を下げる効果が期待できるお茶として「ヘルシア」があります。テレビCMでもおなじみのお茶なので知っている人も多いでしょうが、血圧が高い時に飲むも良し保険として飲むも良しで非常におすすめです。

ペットボトル販売されているものであれば、飲みたい時にすぐ飲むことが出来ます。ペットボトル販売されている「トクホ」では、血圧が高い時に効果があるのはヘルシアくらいですが、自宅でティーバッグなどで作ったものをペットボトルに詰めて持ち歩くという方法は経済的です。

ティーバッグで作るお茶と言うと紅茶を連想しがちですが、日本茶の種類にもティーバッグで作るものはあります。種類としておすすめなのは「そば茶」「杜仲茶」「ハブ茶」「柿の葉茶」などです。中でも高い評価を得やすいものは「そば茶と杜仲茶」で、誰にでも飲みやすく非常におすすめです。

特にそば茶には複数の効果が期待できるため、血圧低下を目的としていない場合でも積極的に飲用すると良いでしょう。動脈硬化や糖尿病と言った生活習慣病にも効果があると言われていて、冷えを防止する効果もあるとされます。全体的に良い効果ばかりなので、自分が飲みやすいお茶を積極的に飲むようにしましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時や高めの時におすすめのおいしいお茶は?

血圧が高い時にお茶はおすすめです。ただお茶の血圧を下げる効果を得るためには、日常的に飲む必要がありますから、価格が安くて美味しいものを選ぶのがいいでしょう。そういう点では、数あるお茶の中でもソバ茶、杜仲茶、柿の葉茶、ハブ茶、どくだみ茶がいいのではないでしょうか。

これらはおいしいお茶の代表的なところです。ただ、おいしいという感覚には個人差が大きくありますから、自分なりのものを見つけるのもいいかもしれません。ハブ茶とドクダミ茶はそれでも少しくせがあるといえるかもしれません。

この中でおすすめの一番はそば茶です。このお茶はルチンは血管を拡張して血流をスムーズにするので、高い血圧を下げる働きがあります。くせもあまりないですし、料金的に高いものではないので日常的に飲むにはおすすめできるおいしいものです。

このソバ茶にはダッタンソバ茶というものもあり、これにはソバ茶よりもはるかに多くのルチンかせ含まれていることが分かりましたが、価格が高いのであまりおすすめではありません。日常的に飲むのであれば、価格とおいしさとがマッチしているものがいいでしょう。価格が高くてもいいという人であれば、ダッタンソバ茶がいいかもしれません。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時にお茶を飲むとコレステロールを下げる?コレステロールの値と血圧の値の関係って?

血圧が高い方がお茶を飲むのが効果的な理由はコレステロールを下げることと関係があるからです。
お茶にはカテキンが含まれていて、カテキンはカラダにさまざまな良い作用をもたらせてくれるんです。お子様のいるご家庭ではカテキンと聞くと虫歯を防ぐという事を真っ先に想像するでしょう。

さらに脂肪の吸収を抑える作用があったり、ビタミンが豊富なため美容にも良いと人気があります。しかしそれだけではありません。カテキンは毛細血管を強くする効果が認められています。これは血圧が高い方と関係があるのです。それは動脈硬化や老化を防ぐと期待されていると共に、コレステロールの値を下げたり血圧や血糖値の上昇を抑えたりする関係があるからです。

しかしせっかくお茶を飲むのでしたらなるべくその効果が高い方が嬉しいですよね。カテキンはどのようなお茶にも含まれていますが茶葉を発酵させない方がカテキンは多く残るのです。そのため烏龍茶や紅茶などのような茶葉を発酵させたものよりも、緑茶のほうがカテキンは多く含まれています。

血圧が高めでコレステロールの値を抑える効果を期待するためにお茶を飲むのでしたら緑茶をおすすめします。お茶にはカテキンが豊富に含まれているので、血圧が高い方がコレステロールを下げるのに期待できる飲み物です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時に飲むと良いお茶は、スーパーやコンビニで売ってるの?

少し血圧の高さが気になってきた時に手頃に下げる方法ですが、昨今、お茶が健康やダイエットにいいと知られているので、多くの種類が健康茶として売っていますね。

そのため高い血圧を下げたいという成分を含むお茶だって、コンビニやスーパーで多く見られ逆に悩んでしまいます。コンビニやスーパーではずらりと並んだペットボトルで相当健康茶に詳しくないと判別がつかないほどです。

しかし、それでもよく耳にするものがありますし、コンビニやスーパーだと商品の宣伝文句に多少書いてあることがあります。一番いいのはやはり緑茶や玉露入りが血圧が高いと悩む方々にはおすすめです。

そして、そば茶や杜仲茶、ドクダミ茶などが血圧に関する成分が多く含まれています。またウーロン茶やこれのお茶の成分を含む十六茶などがわりと有名です。これらのお茶の原材料にはビタミンCが表記されて含まれていますが、ビタミンCは血流に関する効果があり、うまく作用してくれます。

そして、お茶は継続して飲み続けることや運動、健康的な食生活などと組み合わせるとより効果的です。いずれも毎日これらを飲み続けて高い血圧を下げられるならば安く気軽に改善することができますね。また飲みすぎると利尿作用によりすべての効果や成分が失われやすいので、適度に毎日飲むことをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時に飲むと良いお茶の価格の相場は?値段の安いおすすめのお茶ってどれ?

血圧が正常値より上がり始めてしまったらどのように気を付ければ良いのでしょうか。毎日飲むお茶で高い血圧を下げることできれば、日常生活でもとても役立ちますよね。

高い血圧が下がるお茶には、そば茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、杜仲茶、ハブ茶などがあります。
そば茶ですが、必須アミノ酸のトリプトファンとリジン、フラボノイドの1種ルチンが含まれ、ルチンには、血管を拡張し、毛細血管を丈夫にする作用がありますが、韃靼そば茶は、普通のそば茶の80倍のルチンを含んでいます。

さて、そのお値段ですが、韃靼そば茶で1kgが6000円くらいで買うことができます。
ドクダミ茶は、クエルシトリンをふくみ動脈が固くなることを防ぎ、価格は3g、40包で1500円程度します。
柿の葉茶には、ビタミンCやルチンを含みます。このお値段も3g、40包で1500円くらいします。

杜仲茶ですが、血圧を下げる作用のあるピノレジノール・ジ・グルコシドを含みます60袋で3000円近くの値段がします。
ハブ茶は、アントラキノン誘導体がコレステロールを減らし、価格は5g、80包で1200円弱します。

飲みやすさもありますし、価格の安い物選べば十分でしょうが、やはり有機、国産など安心な物を選ぶと、安い値段で手に入れる事は少し難しくなります。

安い価値段でお茶を手に入れるより、価格は高くなっても、あなたに合ったお茶を探す方が毎日飲むものですので安心できるかと思います。ぜひいろいろなお茶を試してみてはいかがでしょうか?

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い人や血圧が高めの人はお茶を飲むのは良い?お茶に含まれる成分って?

血圧が高いときにお茶が良いと言われる理由は、お茶がカテキンという成分を含んでいるからです。
カテキンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、毛細血管を強化して動脈硬化を防ぐ働きがあり、血圧上昇を防ぐのに役立ちます。

どんなお茶にも含まれていますが、茶葉を発酵させない緑茶などのほうが含有量が多いです。
一方、ウーロン茶や紅茶は茶葉を発酵させるので含有量は少なめですが、緑茶でとるならば、高い温度で入れるとカテキンがよく溶け出ますのでおすすめです。

60〜80度のお湯で1分間くらい置いてやや濃いめに入れて飲むと温度もちょうどいいです。緑茶3mgに100mlのお湯を注げば、だいたい100mgのカテキンを摂取することができます。

他にも、お茶にはカフェインという成分を含んでいます。カフェインは交感神経を活発にする作用があり、エネルギーを消費やすい体にします。血圧が高い人は肥満が影響していることも多いですが、それに対して改善効果を発揮してくれる可能性があります。

また、カフェインは利尿作用もあるので、血液の中の余分な水分を尿として体外に排出してくれます。
目を覚まさせる成分でもあるので摂りすぎは良くないので、適度に飲むようにしましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時、飲み物のお茶や緑茶を飲むと血圧を降下させることもある?

血圧が高い人が、飲み物のお茶や緑茶を飲むと、血圧を降下させることが期待出来ます。これは、カリウムという栄養素を含んでいるからです。

カリウムは塩分を取りすぎで血圧が高い人の体内から塩分をとりだす働きがありますので、これによって血圧が下がるというわけです。最近は多くが多くの塩分をとっていることが原因とされていますから、これによって圧が下がるというわけです。

また、お茶や緑茶などの飲み物にはテアニンという成分でリラックスさせる効果があります。リラックスをするとストレスが解消することになりますので、これのよって血圧が下がることになります。

ストレスというのは体に大きな影響を与えることが近年では確認されているので、これによる効果は予想以上に大きいということがいえるかもしれません。

リラックスをする為ですから、高いお茶や緑茶のような飲み物でないと駄目ということではなく、普通のもので十分です。飲み過ぎになるようなこともまずないでしょうから、気になる人は出来るだけお茶や緑茶を飲むように心がけておくといいでしょう。

血圧を降下させるには継続的に飲むことが大切で、一回に多く飲んだからといってすぐに降下するものではありません。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物