血圧が高い時にアルコールを摂取し、翌日血圧測定した場合、どんな影響があるの?

アルコールを日常的に一定量以上摂取し続けていることが、血圧が高い原因となることは知られています。しかし、アルコールには血管の拡張効果があるため、飲酒時は逆に血圧は下がります。

通常アルコール摂取は夜に行うので、飲酒からその翌日の24時間の変化を血圧測定の結果とともに示していきたいと思います。

まず、夜飲酒時は飲酒制限時にくらべ血圧は低いことが確認されています。睡眠後、起床時の血圧測定では飲酒制限時よりも高いという結果が出ています。

また、日中に関してもやや高いことが分かっています。しかし、翌日の一日を平均化した場合においては、飲酒時、飲酒制限時で大きな変化は見られないということが確認されました。

翌日に血圧測定がある場合に飲酒が制限される理由としては、朝の時間帯において血圧が上昇することが確認されているためであることがわかります。

では、通常どのくらいの量までが適切なのでしょう。1日のアルコール摂取量が60ml以上になると、がん、心疾患、脳血管障害による死亡のリスクが増大することがわかっています。

血圧が高いと感じている方はやや注意が必要ですが、適度な飲酒であればストレス軽減の効果もあるので、過度な飲酒はしないようにするということが重要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール

血圧が高い原因の一つに、アルコールの取り過ぎやアルコール依存症は関係してる?

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事があります。適度な飲酒の場合は善玉コレステロールを増やす効果が認められているので問題はないのですが、あくまでも適度な量が大切です。

アルコール摂取量が多かったりアルコール依存症の方の場合は、交感神経が緊張し心拍数が増える事が原因で高い数値を示す事があります。

また一緒に食べるおつまみによってカロリーオーバーになったり塩分の摂り過ぎになる事もあります。その結果脳卒中の原因になる可能性もありますので注意が必要です。

アルコール摂取量を減らすと数日のうちに血圧が低くなる実験結果もありますので、数値が高い方は節酒を意識する事が大切です。それほどまでに過度なアルコール摂取は血圧に影響を与えるのです。

またアルコール依存症で止められない方は毎日血圧を測定するなどして、日々ご自身の数値を意識する事も必要です。
飲酒でも食事でも何事も適量が健康には一番ですので、日々意識して適量にしていきましょう。

また飲酒の時にはお水も一緒に飲むなどの工夫をしたり、おつまみも塩分控えめなものやヘルシーなものを用意すると良いでしょう。

血圧が高い方はアルコールやアルコール依存症が原因の事がありますので、節酒を心掛けましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール

血圧が高い時にアルコールや塩分の多いものを食べて、脱水の症状になると高めの血圧はどうなるの?

血圧に対するアルコールの作用は様々で、心臓の働きを強めたり弱めたりもします。血管が収縮すると上がり、逆に拡張すると下がります。通常、アルコールを飲むと一時的に血圧が少し下がり脈拍が増えますが、これはアセトアルデヒドという物質が血液中に増える事により、一時的に血管を広げて下げます。

しかし、アルコールを飲み続けると血圧は高い状態になります。医学的にも、飲酒の機会と量が多いほど平均値が高くなる事が分かっています。繰り返しの飲酒によるこの疾患は、人種やお酒の種類に関わらず認められています。

この原因は、血管収縮の上昇、脈拍数を上げる交感神経の活動促進、腎臓からマグネシウムやカルシウムなどの塩分が失われる事などが挙げられてます。アルコールを摂取する際に、つまみなどに塩分の多いものを食べる事も上昇する要因になります。

健常者で血圧が高い方は、アルコールと塩分を摂取すると前述のように更に高い状態になります。一方、お酒には脱水効果があり、たくさん飲料すると体自体も脱水状態に陥ります。

水分と塩分などの電解質が失われますので、今度は血液量が減少して逆に血圧低下が起こり、酷い場合は目眩や吐き気を催し、急性中毒の場合は深刻な状態に至るケースもあります。飲み過ぎて脱水状態にならないようにすべきです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール

血圧が高い時アルコールとタバコを摂取し続けるとどうなる?高めの血圧に与えるメカニズムって?

血圧の高い人にとってアルコ-ルとタバコのが血圧に影響するメカニズムを知ることは、自分の健康を守るためにとても大切なことです。

まずアルコールですが、少量ならば却って血行を良くしたり、善玉コレステロ-ルを増加させるというメリットがあることで知られています。

では、少量とはどのくらいの量なのでしょう。大体ビ-ルだったら中ジョッキ1杯、日本酒なら1合、ワインならば2杯程度と覚えておいてください。それ以上飲んでしまうと、アルコールは血管の収縮作用が強くするメカニズムがあるため飲酒によって一時的に広がった血管によって下がった血圧が一気に上昇してしまう恐れがあるので気をつけてください。

タバコについては完全にバツです。ニコチンのメカニズムにはホルモンを刺激する作用があるので、タバコは血圧上昇につながってしまいます。そのうえニコチンは血管を傷つけるリスクもありますし、血栓の原因にもなります。ただでさえ高い血圧なのに喫煙をしてしまったら、余計に上がってしまいますよね。

なので、血圧が高い人は少々のアルコールはOKですが.タバコには手を出さない方が良いでしょう。自分の食生活を今一度チェックして、健康的な生活を送りましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール