血圧が高い時や高めの時に飲む、お酢の商品はスーパーやコンビニで売ってる?

血圧が高めの人が飲むのであれば黒酢がいいでしょう。黒酢はスーパーやコンビニでも売っていますから、いつでも買い求めることが出来ます。

黒酢が血圧を下げるのにいいのは、アンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることによって血圧を下げることによるものと考えられます。

黒酢を飲むときには、空腹時は避けるようにした方がいいでしょう。これは、胃に負担をかけることを避けるためです。血圧を下げるという目的があるので、多くの量を飲んでしまうかもしれませんが、空腹時に飲むといに大きな負担を急にかけることになるので、胃が動いている時、つまり、食事中や食後に飲むのがいいでしょう。

飲む量としては、一日に大さじ二杯程度で十分です。刺激が強いと感じる時には水で薄めて飲むようにするといいでしょう。

特に高いお酢を買う必要はありません。普通にスーパーやコンビニで売っているもので構いません。高いから効果を期待できるというものではありません。最も大切なことは続けることです。

お酢は体にいい成分も多く入っているので健康面でも役立つことでしょう。スーパーやコンビニにないような高いお酢はだと、日常的に飲むこともしにくくなりますから、手頃なものがいいでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お酢

血圧が高い時に飲むと良いお茶は、スーパーやコンビニで売ってるの?

少し血圧の高さが気になってきた時に手頃に下げる方法ですが、昨今、お茶が健康やダイエットにいいと知られているので、多くの種類が健康茶として売っていますね。

そのため高い血圧を下げたいという成分を含むお茶だって、コンビニやスーパーで多く見られ逆に悩んでしまいます。コンビニやスーパーではずらりと並んだペットボトルで相当健康茶に詳しくないと判別がつかないほどです。

しかし、それでもよく耳にするものがありますし、コンビニやスーパーだと商品の宣伝文句に多少書いてあることがあります。一番いいのはやはり緑茶や玉露入りが血圧が高いと悩む方々にはおすすめです。

そして、そば茶や杜仲茶、ドクダミ茶などが血圧に関する成分が多く含まれています。またウーロン茶やこれのお茶の成分を含む十六茶などがわりと有名です。これらのお茶の原材料にはビタミンCが表記されて含まれていますが、ビタミンCは血流に関する効果があり、うまく作用してくれます。

そして、お茶は継続して飲み続けることや運動、健康的な食生活などと組み合わせるとより効果的です。いずれも毎日これらを飲み続けて高い血圧を下げられるならば安く気軽に改善することができますね。また飲みすぎると利尿作用によりすべての効果や成分が失われやすいので、適度に毎日飲むことをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い お茶

血圧が高い時に飲む飲み物はコンビニでも買える?ペットボトルの麦茶でも高めの血圧に効果的?

血圧が高い時に飲む飲み物は、ペットボトルの麦茶などがコンビニで販売されています。
血圧を下げる効果がある成分を含む飲み物は意外と多くあります。コンビニで販売している飲み物は豊富にありますので、血圧が高いからという理由だけでなくても、味を楽しむこともできます。

具体的には、牛乳、オレンジジュース、お茶です。血圧を抑える成分にカリウムがありますが、牛乳や柑橘類には豊富に含まれています。また、ビタミンやカルシウムなどその他の栄養も豊富ですので、喉が渇いたときに飲むと自然と対策になります。飲み過ぎると糖分や脂肪の取り過ぎにも繋がりますので、時々飲むという程度にするのが良いでしょう。

麦茶にはアルキルピラジンという成分が含まれ、血液をサラサラにする作用があります。また、チョコレートにも含まれるギャバも含まれており、この2つが血圧が高い状態を改善します。さらに、緑茶や紅茶にはカフェインが含まれていますが、麦茶には入っていません。

コンビニで販売されているペットボトルのお茶にも様々な種類があり、麦茶以外にも特定保健用食品の指定がなされているお茶があります。2リットルサイズのペットボトルを買い、食事の時に飲むと無理なく摂取することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 飲み物