血圧が高い場合、ストレッチをすると血圧が下がる理由って?

血圧が高い場合、ストレッチをすると血圧が下がる理由は以下の通りです。まずストレッチをすると筋肉がほぐされます。

筋肉が硬く、こったような状態ですと、その内側の血管も収縮した状態になりやすいです。血管が収縮している、つまり狭い状態だと、その中を通る血流の、血管に対する圧力も高い状態になりやすくなります。ですからストレッチをして血管の収縮状態を緩和すると、血流からの圧力も緩和され血圧が下がると言うのが理由のひとつです。

また適度なストレッチと言うのは、有酸素運動に該当します。有酸素運動は、血圧が下がることに効果が期待できる運動だと言われており、これは酸素を取り込むことで血管が拡張されるためです。

血管が拡張されれば、血流からの圧力も緩和できるため高い状態が改善できると言うためです。以上のような理由でおすすめされるストレッチとしては、まず心臓から遠く離れた足の指をグーパーさせる動きがおすすめです。またふくらはぎには、全身の血流の状態を左右する筋肉が備わっており、第二の心臓と呼ばれる部位です。

ですからこの部分をほぐすような動きも効果的です。やり方としては酸素を取り込むことを意識して、息を止めたり、瞬間的に力を込めるようなことは避けることが大切です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い時に効果的なストレッチは?肩甲骨ストレッチは血圧高めの人におすすめ?

肩甲骨ストレッチは血流が改善するため、血圧を下げる効果を期待することができ、このほかにも血圧が高い時に効果を発揮するストレッチにはいろいろな種類があります。

まず肩甲骨ストレッチですが、肩甲骨の周辺をほぐすことで、周囲の筋肉の血流が改善されます。血流の改善は毛細血管の拡張を促すため、必然的に血圧の低下を促進します。また、猫背を改善し体のバランスを整えることから腰痛の改善にも効果があるなど、健康維持にも役立ちます。

血圧の高い時に効果を発揮するものとして、最も簡単にできるのが足の指ストレッチです。足の指を思い切り縮め、ジャンケンのグーを作った状態で数秒止め、その後は指を全て開いてジャンケンのパーを作った状態とし、やはり数秒程度止めます。この動作を20セットほど繰り返し行います。

足の指は心臓から一番離れている箇所ですが、足の指先の血流が良くなると同時に心臓からの血流が増えるため、全身の血流も改善されることに繋がります。

これらの運動はウォーキングやジョギングに比べてはるかに負担が軽いため、血圧がやや高いことに不安を感じている人でも問題ありません。しかも、どんな場所でもすぐに実施できるというメリットもあります。同じように、手の指のストレッチも有効です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと血圧高めの症状に効果的?

血圧が高い場合、ストレッチと呼吸法を併せて行うと効果は上がる可能性が高くなるといえるでしょう。

ストレッチによって筋肉の緊張がほぐれて血行が良くなるとともに、呼吸法によって効率的に酸素を取り込むことが出来るようになるので、細胞に酸素が十分に遅れるようになり、細胞が健康になるからです。細胞が健康になれば、血管の柔軟性も良くなるので、血圧は下がりやすくなるということになるのです。

ストレッチについては、わかりやすいものでいえば、ラジオ体操をゆっくりとするというとわかりやすいでしょう。特に複雑な運動をストレッチをする必要はありません。呼吸法は腹式呼吸を意識するようにするといいでしょう。こうすると多くの酸素を取り込めるようになるからです。

血圧が高いのを下げる目的で行うストレッチや呼吸法は続けることが大切です。一日だけとか三日坊主では、血圧は高いままでしょう。習慣づけていくことで効果が見られるようになるものですから、続けることが最も大切です。

一日休んだからどうこうなるというものでもありませんが、習慣化して休むと体がムズムズして気持ち悪というぐらいに習慣化出来たら、その頃に効果が見えてくる可能性があると考えるといいでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い ストレッチ

血圧が高い時に下げるのに運動は効果的?筋トレやストレッチも効果がある?

血圧が高いと言っても130以上で140未満というくらいのときは、それほど心配はいらないのですが、位置づけとしては高い人の予備軍になるので、下げる努力は必要になります。

高い血圧には食事が大きな影響を与えていることが多いので、まずは醤油や塩分などを摂りすぎていないか、自分で調整することです。そして、お酒も毎日多めに飲むと悪い影響があるので、ほどほどを心がけることです。

血圧を下げるために、筋トレやストレッチなどの運動も効果があります。
というのは、肥満体質の人はどうしても血圧が高くなりがちであるので、体重は標準に保つことが大事だからです。

筋トレやストレッチなどの運動は直接的に肥満防止と結びつかないような感じがありますが、実は基礎代謝が上がるので、肥満防止に役立つのです。基礎代謝が上がれば、食事で摂ったエネルギーが身体に蓄積されにくくなって、メタボにならないというわけです。

体重を落とすので、無理なく継続できるのは、速足ウォーキング運動と言われており、一日8000歩くらいが目安ですが、これを継続すると、みるみる内に血圧も下げることができます。

どの運動にも言えることで、筋トレやストレッチもそうですが、血流を良くしますので、血管へ影響も良く、健康な身体を貯めてるので、血圧にもいいというわけです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる