血圧が高い時は、血圧を下げるために、お酒やタバコは控えるべき?

血圧が高い時、それを下げるためにお酒やタバコを控えるべきかどうか、またそれらがどのような影響を及ぼすかについてですが、血圧が高い時、そしてそれを下げることを意識するのであれば、お酒やタバコは控えるべきだと言えます。

そのままお酒もタバコも好き放題と言う状況では、血圧の状態がますます芳しくない方向に進んでしまう可能性も高くなってしまいます。ではどうしてそのようなことが言えるのかと言うと、これはお酒やタバコが血管や血圧に対して良くない影響をもたらすためです。

まずお酒ですが、この中に含まれているアルコールには時間の経過と共に血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すれば、その中を流れる血液が血管に対して与える圧力も大きくなりやすくなるため、下げるためには逆効果になってしまうと言う具合です。

次にタバコですが、この中に含まれているニコチンには血圧を上昇させるホルモンを刺激する作用があります。そのため喫煙を続けていると、そのホルモンが刺激された状態が続き、血管に対する圧力も高い状態が続きやすくなってしまうと言う具合です。更にニコチンには、血管に大きなダメージを与える作用もあり、これも下げるためには良くないことです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる

血圧が高い時アルコールとタバコを摂取し続けるとどうなる?高めの血圧に与えるメカニズムって?

血圧の高い人にとってアルコ-ルとタバコのが血圧に影響するメカニズムを知ることは、自分の健康を守るためにとても大切なことです。

まずアルコールですが、少量ならば却って血行を良くしたり、善玉コレステロ-ルを増加させるというメリットがあることで知られています。

では、少量とはどのくらいの量なのでしょう。大体ビ-ルだったら中ジョッキ1杯、日本酒なら1合、ワインならば2杯程度と覚えておいてください。それ以上飲んでしまうと、アルコールは血管の収縮作用が強くするメカニズムがあるため飲酒によって一時的に広がった血管によって下がった血圧が一気に上昇してしまう恐れがあるので気をつけてください。

タバコについては完全にバツです。ニコチンのメカニズムにはホルモンを刺激する作用があるので、タバコは血圧上昇につながってしまいます。そのうえニコチンは血管を傷つけるリスクもありますし、血栓の原因にもなります。ただでさえ高い血圧なのに喫煙をしてしまったら、余計に上がってしまいますよね。

なので、血圧が高い人は少々のアルコールはOKですが.タバコには手を出さない方が良いでしょう。自分の食生活を今一度チェックして、健康的な生活を送りましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い アルコール

血圧が高い理由としてタバコのニコチンは関係あるの?

タバコは、肺や気管だけに影響を与えると思われがちですが、十分血圧を高くする理由になります。タバコにはニコチンという物質が含まれているのを、皆さん一度耳にしたことはあるかと思います。

主にタバコに依存させる原因と考えられていますが、働きはそれだけでなく、血圧が高くなる理由を作っているのです。まず、このニコチンはアドレナリンなどのホルモンを出す副腎を刺激します。

もともと、アドレナリンは血圧を上げるホルモンなので、血管を収縮させる効果があり、収縮して細くなった血管により多く血液を送ろうと心臓が働くので、その結果血圧をさらに上げてしまうことになるのです。タバコを吸うといい気分になったり、興奮したりするのはこの働きによってなのです。

ニコチンをさらに摂取しつづけると、心臓にも負担をかけることになり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの血管が細い理由でおこる疾病になりやすくなってしまうのです。これは、健常者で少し血圧が高い人でも注意しなければいけません。

「少し血圧が高いですね」と言われただけだからと放っておくと、大変なことになりかねません。少しでも高いと言われた方は、今がチャンスだと思って禁煙を少しずつでも始めてニコチンを摂取するのはやめたほうが良いでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い タバコ